石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

99歳ひいひいおばあちゃん、ゲイ・ゲームスで100m走世界記録樹立

f:id:miyakichi:20140816132910j:plain

2014年8月12日、米国オハイオ州で、LGBTのスポーツ大会「ゲイ・ゲームス」の100m走に99歳の女性が出場し、59.8秒の記録を打ち立てました。これは国際的な公式大会での女子100m走(95~99歳クラス)の世界記録だそうです。

詳細は以下。

99-year-old Ida Keeling sets new world record for 100m sprint at Gay Games | Mail Online

この女性アイダ・キーリング(Ida Keeling)さんはニューヨーク出身で、玄孫(やしゃご)もいるおばあちゃんです。ランニングを始めたのは67歳のとき。ブロンクスのアパートメントの廊下でトレーニングし、筋トレやエアロバイク漕ぎもしているとのこと。

世界記録を打ち立てた走りはこちらです。


Ida Keeling, 99, runs the 100 in Akron at Gay Games 9 - YouTube

99歳でこの力強さはすごいわ……! ちなみにアイダさんはできる限り走り続け、104歳で亡くなったおばあさんより長生きしようと考えているのだそうです。

ゲイ・ゲームスはオリンピック同様4年ごとに開催されるスポーツの祭典で、今年が第9回。LGBTイベントではありますが、誰でも参加することができ、アイダさんは1982年のサンフランシスコ大会から出場しているとのこと。アイダさんの娘のシェリーさんは、母はゲイ・ゲームスとは「単に他のランナーと走ること」ととらえている、と話しています

LGBTイベントだけど誰でも参加できる、というのは「ゲイ・サッカー・ワールド・チャンピオンシップ」と同じ方針で、とてもいいことだと思います。そこに99歳のおばあちゃんがカジュアルに参加して世界記録を打ち立てちゃうっていうのが、さらにいいよね。こういう動き、もっとどんどん広まっていくといいなあ。