石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

「神様」、クラウドファンディングで「神はゲイを愛する」看板を設置

f:id:miyakichi:20140820183726j:plain

「神様」が、「神はオカマを憎む」と主張するアンチゲイ教会への反撃を決意なさいました。神はクラウドファンディングで資金を募り、この教会の本拠地・米カンザス州トピカに「神はゲイを愛する」という看板を立てようとしています。

詳細は以下。

'God Loves Gays' Billboard Campaign Aims To Thwart Westboro Baptist's Anti-LGBT Efforts

この教会「ウエストボロ・バプティスト教会」は、この世の不幸や災害をすべて同性愛のせいだと解釈し、大きなイベントや葬儀に押しかけては「神はオカマを憎む」("God Hates Fags")と大書した看板を掲げて騒ぐことで有名です。最近では、ロビン・ウィリアムズを「オカマのポン引き」("fag pimp")呼ばわりし、彼の葬儀でもピケを張ると言っている模様。

このような頑迷なホモフォビアへのカウンターとして、あるグループが、同教会のすぐ近くに「神はゲイを愛する」("God Loves Gays")という巨大看板を立てようというキャンペーンを開始しました。以下、「神様」による説明を動画でごらんください。


"GOD LOVES GAYS" Billboard Project - YouTube

簡単にまとめると「目標額は5万ドル、もっと多く集まった場合はカンザス州以外の州にも看板を立てるかも。集まったお金の10パーセントはゲイの権利運動に寄付する。募金額に応じてステッカーやTシャツなどがもらえる」ってことですね。

ちなみに、この「神様」の、口が悪くて下品なTwitterアカウント(@TheGoodGodAbove)もなかなかおもしろいですよ。こんなこと言ってる。

訳「新しい掟:汝、葬式でピケを張るなかれ」

訳「どうして子供がゲイだと親として失敗したと思うのか理解できない。我が子と親子の縁を切ることが、親として失敗したということだ」

訳「新しい掟:汝、同性愛を咎めた後レズビアンポルノでオナニーするなかれ」

この神なら信じてもいいかも……!

なお、このプロジェクトの募金受け付け期間は2014年8月4日から10月8日までで、日本時間で8月21日現在、早くも目標額の5万ドルを突破しています(ということは、他州進出もあり得るかも?)。8月7日の時点で、既にトピカに設置する1枚目の看板の権利1年分を購入しているそうです。より詳しくは、このプロジェクトのIndiegogoのページをどうぞ。

ウエストボロ・バプティスト教会のお膝元でホモフォビアに反対するというプロジェクトはこれまでにもいくつかあり、教会の真向かいの家を買ってレインボーカラーに塗った人もいれば、その家の前に同性婚賛成派の雪だるまを作った人もいました。この巨大看板の写真がSNSやGoogleストリートビューで見られる日が楽しみです。