石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。

どうなってるのか一目瞭然。米国の「結婚の平等」地図(2014年10月版)

f:id:miyakichi:20100914100349j:plain

州ごとに同性婚が認められたり、上訴やら最高裁の命令やらで一旦差し止めになったり、それが後から撤回されたりと、なにかとややこしい米国の同性婚事情。BuzzFeedに掲載されていた、2014年10年時点のマップがわかりやすかったので紹介します。

詳細は以下。

Here's The Map Of What Marriage Equality Looks Like In The U.S. Today

マップはこちら。

ピンク色のところが完全に結婚の平等を実現した、つまり同性カップルが結婚でき、州外での同性婚も法的に有効と認められる州。増えたわねー。任天堂はこんな国に異性婚しか存在しないゲームを売り込みに行って、無邪気に「(同性婚が存在しないのは)現実とは違っていて愉快な世界」なんて言い放っちゃってたわけで、迂闊としかいいようがありませんね。まるで公民権運動真っ最中の1950~1960年台の米国に乗り込んで、大声で「黒人がバスに乗れない世界って愉快ですよねー」と言い切っちゃったようなもんだよ。

以下、マップの各色が表す意味を表にまとめてみます。

意味
ピンク 結婚の平等を完全に実現した州 マサチューセッツなど24州&ワシントンDC
オレンジ 結婚の平等が認められている(同性婚でき、州外の同性婚も有効)が、反対派の個人/団体が訴訟を起こしている州 オレゴンなど5州
黄色 結婚の平等を認める判決が出たが、上訴申立により係留中となっている州 アーカンソーなど8州
州外での同性婚は法的に有効とするが、自州では同性婚できない州 ミズーリ州(1州のみ)
控訴裁判決の前例から、近いうちに結婚の平等が実現されると予想される州 カンザスなど5州

これはあくまで2014年10月中旬現在のマップなので、これからまたどんどん動いていくことと思います。でも、日々ニュースを読んでいてさえ「今どこの州がどうなってたっけ?」と頭の中がごっちゃになっていたあたしには、非常にありがたい地図でした。今後米国発のLGBTニュースを読むときに大いに参照しようと思ってます。

後日付記

その後、2015年1月の時点で、マップは以下のようになりました。赤い部分が同性婚可能州です。もはや米国人の実に7割が、同性同士で法的に結婚できる地域に住んでいることになります。