石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

ゲイカップルとともに“Let it Go”を熱唱するフレンチブルがめちゃくちゃキュートな件(動画)

f:id:miyakichi:20141219114208j:plain

フレンチブルドッグの「ジュニア」くんが、飼い主のゲイカップルと共に映画『アナと雪の女王』の主題歌“Let it Go”を熱唱する動画が話題になってます。

詳細は以下。

Adorable French Bulldog Sings "Let It Go" With His Handsome Gay Daddies - The Gaily Grind

動画はこちら。

厳密には歌うというより合いの手を入れている感じなんですが、サビの部分(0:38あたりから)の掛け合い具合とか、絶妙です。

人「Let it go~♪」
犬「……わん」
人「Let it go~♪」
犬「わんわん」
人「Turn away and slam the door~♪」
犬「うおおう、わんわん」

……てな感じなんだもの。絶対これ、タイミングわかってやってるだろ、ジュニアくん。

ジュニアくんの飼い主はエマニュエル(Emanuele)さんとウォルター(Walter)さんという男性同士のカップルで、これまでも車内でのジュニアくんとの合唱動画をいろいろYouTubeで発表しています。ジュニアくんはこの“Let it Go”以前に、“Say Something”の動画で一躍有名になり、テレビにも出たんだそうです。実は日本のフジテレビでも取り上げられたのだそうで、エマニュエルさんはそのことを「誇りに思う」とFacebookに書いています。あたしこの放送、見てないんだけど、ふたりがゲイカップルだってことはちゃんと触れられたのかしら。そうだといいなー。

おまけとして、アナ雪つながりで“Love Is an Open Door”(『とびら開けて』)を熱唱するジュニアくんの動画も貼っておきます。やっぱりサビの部分で歌うのね。動画最後の部分が特にキュートなので、お見逃しなく。