石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

ハリポタファン「ダンブルドアはゲイに見えない」→J.K.ローリングがみごとな返事

ハリーポッター ブロンズ製1/1スケール魔法の杖レプリカ アルバス・ダンブルドア 並行輸入品

英ファンタジー小説『ハリー・ポッター』シリーズの作者J.K.ローリングに、ファンのひとりが「ダンブルドアはゲイに見えないのに、なぜ彼がゲイだと言ったのか」とTwitterで質問。これに対するローリングの返事がすばらしいと話題になっています。

詳細は以下。

JK Rowling responds to fan who tweeted she 'can't see' Dumbledore being gay - People - News - The Independent

この質問ツイートは2015年3月24日、Ana Kocovicさんによってなされたもの。訳すと、こうです。

ハリーポッターを書いてくれてありがとう。あなたがどうしてダンブルドアはゲイだと言ったのか、疑問に思います。彼はそういう風に見えないからです。

Thank you so much for writing Harry Potter. I wonder why you said that Dumbledore is a gay because I can't see him in that way.

これに対する作者のお返事は以下。

訳:「それはたぶん、単に同性愛者が……人間に見えるからでは?」

大拍手。

これ、先日紹介した、ションダ・ライムズ(米ドラマ『スキャンダル』のプロデューサー兼脚本家)の「ゲイのシーンなんてありません。人間のシーンがあるだけ」発言にも共通するものがありますよね。同性愛者のキャラクタが出ているだけで特殊なシーンとみなしたり、逆に「何か特別な描写がなければそのキャラは異性愛者」と考えたりするというのは、ただのステレオタイプ。すぐれた創り手には、そのことがわかっているのだろうと思います。