石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

「旗ではなく変態どもを吊すべき」:Facebookでホモフォビックな発言をしたカナダ人大学教授がクビに

f:id:miyakichi:20150723142019j:plain

カナダのセント・ローレンス・カレッジの教授が、Facebookでホモフォビックな発言をしたために職を失いました。

詳細は以下。

Canada professor fired for violent anti-gay Facebook post | Gay Star News

この元教授、リック・クープランド(Rick Coupland)氏は、米国フロリダ州セントピーターズバーグの市長がプライド・フェスティバルでレインボーフラッグを掲揚するニュース映像をFacebookに投下し、こんなコメントを添えたのだそうです。

旗ではなく変態どもを吊す(絞首刑にする)べきだ。

‘It’s the queers they should be hanging, not the flag,’

どこから突っ込んでいいかわからないぐらいですが、ISISはじめホモフォビックな人々が実際に同性愛者(とされる人々)を処刑しまくっていて、最近でも14歳の子が絞首刑にされたと報じられたばかりの世の中で、よくこんなことが言えたものです。カナダには、性的指向に基づく差別を禁じる法律だってあるはずなのに!

このポストを見た元生徒が大学に連絡し、ソーシャルメディアでスクリーンショットを公開。クープランド氏は同日中、Facebookにこんな書き込みをしています。

「しばらくFacebookを離れなきゃ」「職場から、Facebookのコメントに関して呼び出しを受け、代理人を連れて来るように言われた。わたしとわたしの仕事のために祈ってください」

‘I have to get off Facebook for awhile.’ ‘I’ve been called into work and told to bring a representative re; my comments on FB. Please pray for me and my job,’

2015年7月22日、セント・ローレンス・カレッジは公式Twitterアカウントで以下のように発言しました。

訳:「1/2: 大学に提出された、ソーシャルメディアでのコメントに関する苦情により、」「2/2:この問題の内部調査を実施しました。クープランド氏はもはやセント・ローレンス・カレッジの職員ではありません」。

お祈りは無駄だったみたいですね。クープランド氏のFacebookアカウントは、現在消去されています。

ちなみにセント・ローレンス・カレッジは2015年7月14日、ブルックビル・キャンパスの歩道をレインボーカラーに塗り、「レインボー・ウェイ」と名付けてお披露目したばかり。

大学の公式Facebookアカウントでは、この歩道はLGBTの職員と学生を称えるものであり、大学の包括的なコミュニティを象徴していると説明されています。クープランド氏が「変態どもを吊すべき」とFacebookに書き込んだのは、それからわずか数日後のこと。よりによってこのタイミングでLGBTの人びとへの憎悪を扇動して、何の問題も起きないとでも思っていたのだとしたら、なんという頭のゆるさでしょうか。大学側の素早い対応に、拍手を贈りたいです。