石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

黒人牧師、ホモフォビックな教会を奴隷主になぞらえ名説教(動画)

f:id:miyakichi:20150725143600j:plain

米国ジョージア州の黒人牧師E・デューイ・スミス(E. Dewey Smith)氏が、ホモフォビックな教会を奴隷主になぞらえて批判する名説教を披露しました。

詳細は以下。

Georgia Pastor's Incredible Sermon Compares Homophobic Churches To Slavemasters|The Gaily Grind

説教のようすはこちら。

ハイライトの部分を文字起こしして、訳してみます。

「見ればわかるように、聖歌隊員の半分が、そしてとてもたくさんのアーティストが、わたしたちが『嫌悪すべきもの』『悪魔』と呼ぶ人びとなのです。わたしたちは自分たちが利用する人びとを悪魔と呼んで人間性を奪い、ゲイの聖歌隊指揮者については何も言わずにいるのです。その人が役に立つからという理由で。

「『聖歌隊の響きさえよければ、彼のセクシュアリティーについては何も言わずにおこう』。それは、かつて奴隷主がわたしたちにしたことと同じです。人から人間性を奪い、品位をおとしめ、悪魔化し、そのくせその相手を自分たちの利益のために都合よく利用するということです」

"If you look at half of our choirs and a great number of our artists that we call abominations, that we call demons, we demonize and dehumanize the same people that we use and we don’t say nothing about the gay choir director because he’s good for business.

"'As long as the choir sound good, I ain’t saying nothing about his sexuality.' We have done what the slave master did to us, dehumanize us, degrade us, demonize us, but then use them for our advantage."

「わたしが言いたいのは、こういうことです。わたしたちは、自分の人生に気をつけるためにではなく、人を叩きのめすのに使いたいからという理由で、聖書のことばを選り好みしているのです」

"Here's my point: We pick and choose the scriptures that we want to use to beat folks up with rather than look out own lives."

「選り好み」に関して補足すると、この牧師さん、説教の中で、教会の指導者が同性愛者を非難しながら「まるで下着でも取り替えるように」奥さんをとっかえひっかえするのは偽善だと言ってるんですね。いやあ痛快。聴衆の皆さんの拍手やスタンディングオベーションもステキだし、ほんと、こういうのを見るとつくづく「キリスト教は/一神教は同性愛に不寛容」だなんて大嘘だと思います。どんな宗教にも、教義を使って誰かを殴りたい人もいれば、そうでない人もいるってことなんじゃないですかね、結局。