石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

米ボーイスカウト連盟、ゲイの指導者禁止をやめる

f:id:miyakichi:20150731135115j:plain

米ボーイスカウト連盟が2015年7月27日、同性愛者の成人が活動の指導者に就任することを禁じた規則を廃止すると正式に決定しました。2013年にゲイ少年の会員入会をようやく認めた同連盟が、さらに2年かかって成人ゲイにも門戸を開いたわけです。

詳細は以下。

米ボーイスカウト連盟、同性愛者の指導者就任を解禁 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

詳細についてはリンク先を読んでいただくとして(日本語ですし)、個人的には「やっとかよ」という感想しか出てきません。エレン・デジェネレスが2年前に言ってたこのギャグが、まざまざと思い出されます。

「もしボーイスカウトが同性愛者を平等に扱ったら、そういうことをした初のグループになるわよね――陸軍、海軍、空軍、海兵隊、沿岸警備隊、英国まるごと、そしてシェールを別にすればね」

"If the Boy Scouts start treating gays equally, they're going to become the first group to do it -- after the Army, the Navy, the Air Force, the Marines, the Coast Guard, all of the United Kingdom and Cher."

解説するのも野暮ですが、「遅すぎる」と突っ込んでるんですよエレンは。それが2年前よ。それでもとにかく、同連盟がようやく進歩的なガールスカウトカナダ・スカウト連盟に追いつけてよかった。クリスチャントゥデイによると、一部の宗教団体は「道徳規準に反する」として反発しているそうですが、差別を温存することこそもっとも道徳に反してるんじゃないの?