石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

フランス、「ジェンダー・ニュートラル」を初めて法的に認める

f:id:miyakichi:20151017144340j:plain

フランスの裁判所が、自分は男性でも女性でもないという認識を持つ人に対し、公式書類に「ジェンダー・ニュートラル」と記載する権利を認めました。

詳細は以下。

France legally recognises person as ‘gender neutral’ for the first time · PinkNews

この人物は64歳で、インターセックスの自認があり、氏名は公表されていません。裁判上の書類では、フランス語の「彼女(elle)」と「彼(il)」の間をとった"ile"という呼び方が採用されたとのこと。

裁判所は2015年8月、この人物には「私生活に関する権利」があるとし、「出生証明書は過去65年間にわたってムッシューXを男性ジェンダーに属するものとしてきたが、これを修正して『中立的な状態』を含めるべきである」という判断を下したのだそうです。なお裁判所は、州検察官の「第3の性を認めたら多数の訴訟が起こる」などとする主張を「まったくのでっち上げ」としてしりぞけたとのこと。

公的文書で「男」「女」以外の表記を認める認める動きというのは、既に他国でも起こっています。うちのサイトで紹介した例で言うと、このへん。

他にはこんな例も。

これまでのところ、ドイツ以外ではこうした動きはアジア太平洋地域ばかりだったので、「ヨーロッパの価値観にはなじみにくいのかしら」と思ってたんですが、ここにフランスが加わったことで今後の流れが変わるかもしれませんね。フランスがこの判断を"ile"氏にだけ適用するのか、それとも今後パスポートや身分証明書などのジェンダー表記方法を根こそぎ変えていくのか、気になるところです。