石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

ロシア、同性愛者のカミングアウトを違法化か

Shut up
Shut up / Matteo Staltari

ロシアの議員たちが、同性愛者が公にカミングアウトしたら罰金刑または懲役刑とする法案を起草中です。若年層への同性愛の「プロパガンダ」を禁じた現行の法律だけじゃ足りなかったみたいですね。

詳細は以下。

Russia proposes new law to criminalize ‘coming out’ as gay – LGBTQ Nation

この法案が通れば、「非伝統的な性的指向を公的に告白する」行為は5000ルーブル(約9700円)の罰金刑に、さらにそれを学校、文化的施設、庁舎などでおこなった場合は最長15日の懲役刑に処せられる可能性があるとのこと。

これ、「それぐらいの罰金、払えばいいじゃん」と言って済ませられる問題ではないんです。既存の反同性愛宣伝法(未成年者に同性愛について教えることを禁じた法律)だって個人に科せられる罰金は最大で5000ルーブルですが、この法律がいわば「加害のライセンス」となってLGBTの人々への暴力事件を増加させているとする研究結果が発表されています。ホモフォビアに国家がお墨付きを与えるというのは、それぐらい危険なことなんです。

この法案について報じるAdvocateの記事につけられたこちらのコメントがちょっと気になりました。

ロシアは人口減少の問題を抱えているが、この迫害で10代のゲイや成人ゲイの自殺が増え、問題はより悪化するだろう。この法案の本当の理由は、ひどい政府とひどい経済から目をそらさせるためのスケープゴートとなる階級を作ることだと思う。

Russia has problems with declining population, but this persecution will cause more suicides among gay teens and adults, which will make their problems even worse. I think the real reason for this is to create a scapegoat class of people to distract from their terrible government and awful economy.

同じく「ひどい政府とひどい経済」に悩まされている極東のどっかの国が喜んで真似ししそうで怖いわ。目的のためなら「わが国に衆道などなかった」とかなんとか平気で言い出しそうだもんな、最近のこの国。