石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

異性愛者のおばあちゃん、「トランスジェンダーの孫たち」のため歌を作詞作曲

f:id:miyakichi:20151030181132j:plain

米テネシー州の75歳女性、シェリー・グレイ(Sherri Gray)さんが、「トランスジェンダーの孫たち」のために美しい歌を作りました。シェリーさんはLGBTIグループで「孫たち」との交流を楽しむ、最高にクールなヘテロおばあちゃんなんです。

詳細は以下。

Straight grandmother composes beautiful song for her 'trans grand-kids' - Gay Star News

グレイさんは音楽の都ナッシュビルの人。彼女は異性愛者でありながら性的少数者のグループに参加して、友達を作ったり、カップケーキを焼いたり、曲を書いたりしているのだそうです。異性愛者の人たちからは「頭がおかしいと思われている」と語るグレイさんですが、彼女にとってこのグループは「とてもオープンですてき」な場であり、「家族を拡大するチャンスをまた与えてもらったようなもの」だとのこと。

「わたしは(グループが集まっている)部屋の中でいちばん年上かもしれませんが、まるでとてもたくさんの新しい孫ができたみたいなんですよ!」と彼女は Gay Star Newsに語った。

‘I feel like I might be the oldest one in the room, but I feel like I have whole bunch of new grand-kids!’ she told Gay Star News.

グループで仲良くなった「孫たち」、つまりLGBTの友人たちとの交流で彼女が学んだのは、「だれもが皆、すばらしく普通である」ということ。以下、グレイさんのことば。

「わたし、地域の人には本当に何でも話していて、イベント等に出かけていくんですけど、ばかげたことに偏見持ちの人々は(LGBT関連のことは)すべてセックスに関することだと思い込んでるんですよ。実際にはそうじゃないのに。(LGBTの人たちの生活は)請求書の支払いをしたり、犬を獣医につれていったりするということであって、本当にすばらしく普通なんです!」

‘Now that I’m really out in the community, going out to the events and stuff is that what the bigots don’t get is that it’s all about sex. It isn’t. It’s about paying your bills, taking your dogs to the vet, it’s so wonderfully ordinary!

まったくその通りなので、この完璧な理解にはただただ拍手を贈りたいです。

グレイさんがトランスジェンダーの「孫たち」、つまり友人たちのために作った歌はこちら。

さて、このニュースを読んで反射的に思い出したのが、最近またレズビアンTシャツをめぐって米国カリフォルニア州で起こったこの騒動。

これは同性愛者の女子生徒が胸に"Nobody knows I'm a lesbian"(『だれも私がレズビアンだと知らない』)と書かれたTシャツの着用を学校から禁じられたというもので、2015年9月のノースカロライナの事件に非常によく似ています。違うのは、学校側の主張がよりひどいという点。このTシャツは「セックスを宣伝している」、「おおっぴらにセックスに招待している」と言ってるんですよ、教頭と副校長が。

いったいいつからレズビアンだと表明することイコールセックスのお誘いになったのよ。これってまさに、上の方でシェリー・グレイさんが指摘した、「LGBTに関することはすべてセックスに関することである」という誤解そのものじゃないですか。人のTシャツに難癖をつける前に、こういう人たちがまずカウンセリングにでも行って、「どうして自分はこうも反射的に性行為のことばかり妄想してしまうのか」を見つめ直してくれればいいのに。その間うちらはグレイさんのようなステキな人たちと楽しくカップケーキ食べたり、歌を歌ったりしながら待ってるからさ。もちろん請求書の支払いをしたり、ペットを獣医に連れて行ったりもするけどさ。