石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

人力世界一周の英国人女性冒険家、ガールフレンドと結婚へ

f:id:miyakichi:20151110194935j:plain

女性初の人力による世界一周旅行をなしとげた英国人冒険家、サラ・アウテン(Sarah Outen)さんが、「太平洋のど真ん中からプロポーズした」ガールフレンドとの結婚予定を発表しました。

詳細は以下。

Video: Sarah Outen: First woman to cross globe on own steam will finally marry girlfriend after Pacific proposal - Telegraph

アウテンさんは4種のチャリティーへの寄付金を集めるためにこの旅を計画。2011年4月にロンドンを出発し、自転車とカヤックと手漕ぎボートだけを使って世界を一周しました。旅のルートは、まずユーラシア大陸を横断し、サハリンから日本に渡り、そこから北太平洋を横断して、アメリカ大陸を西から東に走破したのち再び海を渡ってロンドンに戻るというもの。総移動距離は約2万5千マイル(約4万km強)で、ゴールしたのは2015年11月3日でした。

カヤックで海を越えて日本に上陸したとき(2011年10月)の映像はこちら。

旅の途中には、「頑張って東北、頑張って日本」とのメッセージも。

2015年11月、ロンドンのタワーブリッジで旅の完遂を祝うアウテンさん。

アウテンさんの冒険は日本語でも何度か報じられていて(日本近海での遭難時や、世界一周達成時など)、「こんな冒険をする女性はレズビアンに違いない」と勝手に想像していたのですが、この方本当にオープンリー・レズビアンだったんですね。Telegraphによれば、彼女は2013年の太平洋横断中に恋人のルーシー・アレン(Lucy Allen)さんに衛星電話でプロポーズしていて、2016年6月に結婚する予定なのだそうです。

4年半におよぶ旅の間、ふたりは朝晩欠かさず衛星電話で話をしていたとのこと。朝の電話はいつも必ず6時にかかってくるのに、その日は10時に電話が鳴ったため、アレンさんは何か深刻な事態かと思ってひどく驚いたそうです。しかしいざ電話に出てみると、用件は例の4単語("Will you marry me?"/『結婚してください』)だったというわけ。

「彼女が戻ってきて、とてもわくわくしています」とルーシーは言った。「とうとう結婚式の計画が立てられます。式は、2016年の6月に予定しています」

“I am so excited to have her back,” Lucy said. “We can finally plan the wedding, which we’ve got in the diary for June 2016.

おめでとうございます!

それにしてもかっこいいなー、アウテンさん。Telegraphによれば、彼女がこの冒険中に自転車で体験した気温は、40度(ゴビ砂漠)からマイナス40度(冬の北米)まで。海では海で、ハリケーンに直撃されたり貨物船と衝突しかけたりという命の危機を乗り越えながらの旅だったのだそうです。それを全部チャリティーのためにやってのけたところが、ますますかっこいいってもんじゃないですか。そうそう、冒険好きな人なら、公式Webサイトで彼女の旅の装備の説明を見ているだけでもうわくわくが止まらなくなるはず。チャリティーへの寄付というかたちで彼女の冒険に加わりたい方は、ぜひ以下のページをどうぞ。