石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

飛び込み競技トップ選手が2人同時にカミングアウト。しかも、カップルで!

f:id:miyakichi:20151201162917j:plain

カナダと米国の飛び込み競技選手ふたりがゲイとしてカミングアウトし、彼らがカップルであることを公表しました。

詳細は以下。

PHOTOS: Two Champion Divers Come Out Together, And They’re In Love! / Queerty

カナダの3m飛板飛び込みチャンピオンのジェイミー・ビセット(Jamie Bissett)選手が、マイアミ大学のタナー・ウィルフォング(Tanner Wilfong)選手と出会ったのは、約2年前の全米選手権でのこと。競技者として出会ったふたりは、その後恋人同士になりました。

ビセット選手は、ウィルフォング選手との出会いで自分自身のことがよりよく理解できるようになったとして、「彼と出会えたことに感謝しています」と話しています。ウィルフォング選手の方は、以前は自分の性的指向を否認しようとして苦しんだこともあるものの、今では「ゲイのダイビング選手」として知られてハッピーだと思っているとのこと。

「ゲイであることが自分の評判の一部となってもかまいません。気に入っています」と彼は言った。「高校では、それは格好悪いことだと思っていました。今では、それは格好いいことなんです。というのは、格好いいというのは、自然体でいて、他の人に何と言われるかを1秒たりとも気にしないということですから」

“I’m OK with gay being part of my reputation. I like it,” he said. “In high school, it would have been the uncool thing for me in my mind. Now, it’s the cool thing. It’s just because the cool thing is me being myself and me not caring for a single second what anyone else thinks about me.”

ラブラブな2人の写真をどうぞ。

Just because I miss you... See you at thanksgiving! #badass #boyfriend

Tanner Wilfongさん(@turnuptanner)が投稿した写真 -

Missing the beach with the best guy in the world! #obx #saltlife

Tanner Wilfongさん(@turnuptanner)が投稿した写真 -

オープンリー・ゲイの飛び込み選手というと英国のトム・デイリー選手が有名ですが、それに続く人が一気にふたりも出てきたわけですね。恋人同士がこうやって堂々とのろけられる(上のInstagram写真のコメントを見てくださいよ!)のは、つくづくいいことだと思います。

なお、ビセット選手は現在、2016年のオリンピックを目指してトレーニング中だとのこと。先月マレーシアで開催されたFINAダイビンググランプリでの彼の勇姿を、下に貼っておきます。