石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

スペインの水球選手、ビクトル・グティエレスがゲイとしてカミングアウト

f:id:miyakichi:20160527164100j:plain

スペインのリオ五輪水球選抜チームのビクトル・グティエレス(Víctor Gutiérrez)選手(25)が、同性愛者であることを公表しました。

詳細は以下。

Víctor Gutiérrez: “Hablo como deportista gay” | Shangay

グティエレス選手は、LGBTI雑誌ShangayのWebサイトの独占記事でゲイとしてカミングアウト。同誌の表紙にも載りました。

表紙右下に載っている本人のことばを訳すと「わたしがクロゼットから出ることが、スポーツの中のタブーを破るよう願っている」となります。余談ですけど、英語で言うところの"coming out of the closet"(クロゼットから出ること=カミングアウトすること)は、スペイン語でもそのまま"salida del armario"(クロゼットから出ること)と言うんですね。なるほど。

Shangayの記事によれば、小さい頃から水泳をしていたグティエレス選手は12歳で水球に興味を持ち、16歳でエリート選手のためのパフォーマンス・センター(Centro de Alto Rendimiento)に入り、18歳でプロ契約して現在に至るとのこと。家族や友人は彼がゲイだということを以前から知っていて、かつ支援してくれているのだそうです。

今回のカミングアウトについて、グティエレス選手は「かなりの時間をかけて考えた」のち、自分の体験をシェアするべきだと思ったと話しています。

「マドリッドではホモフォビックな暴力が今年だけでもう70件以上起こっています。そして、自分はゲイだと言っているスポーツ選手はほとんどいません。しかし、自分の経験から言って、人々は変わってきています。アスリートとしてわたしが体験してきたことのすべてが、まったく肯定的でした」

“Ha habido más de setenta agresiones homófobas en Madrid en lo que llevamos de año, es una realidad que vivimos. Y no hay casi deportistas que digan que son gays. Pero, según mi experiencia, la gente ha cambiado; como deportista, todo lo que vivido es absolutamente positivo”.

「大物のスポーツ選手たちが一歩踏み出せば、そして、とりわけサッカーやバスケットボールなどのスポーツメディアでそれをやれば、いろいろなことがもっと楽になるでしょう。彼らは何百万人もの人々の意見に影響を与えて、変化をもっと早めることができるかもしれません。しかし、スポーツ選手で同性愛を公表している人はいまだにとても少ないのです」

“Las cosas serían más fáciles si grandes figuras del deporte dieran ese paso adelante, sobre todo en los deportes más mediáticos, fútbol o baloncesto. Porque ellos podrían influir en la opinión de millones de personas y cambiar las cosas de una manera mucho más rápida. Pero siguen siendo muy pocos los deportistas han hecho visible su homosexualidad”.

世界的に見て、80年代に既にナブラチロワがカミングアウトしていた女子スポーツ界に比べると、男子スポーツ界ではまだまだオープンリー・ゲイの選手って少ないですよね。現役時代にカミングアウトする選手や、カミングアウトしてなお第一線で活躍し続ける選手となると、なおさら。それでもイアン・ソープ(水泳)、ジェイソン・コリンズ(バスケットボール)、マイケル・サム(アメフト)、トム・デイリー(飛び込み)、ジョニー・ウィアー(フィギュアスケート)、ロビー・ロジャース(サッカー)、ゲレス・トーマス(ラグビー)などなど、クロゼットを飛び出す人は増え続けていて(参考:Openly gay athletes - CNN.com)、今度はそこにスペイン水球界からもひとり加わったわけです。

以前はずっと「自分のような人と知り合いたい」と願っていたというグティエレス選手は、大学に入ってたくさんの同性愛者と知り合ったことで「目が開かれ」、「人生のステージ2.0が始まった」と話しています。おそらく、彼のカミングアウトに触発されて人生のステージ2.0が始まる人だってきっといるはず。Felicidades por ser tan valiente, ¡suerte para Río!