石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

エレンとポーシャが『ファインディング・ドリー』プレミアに登場

ファインディング・ドリー【DVD化お知らせメール】 [Blu-ray]

エレン・デジェネレス(Ellen DeGeneres)とポーシャ・デ・ロッシ(Portia de Rossi)が2016年6月8日、ディズニー/ピクサー映画『ファインディング・ドリー』のハリウッドでのプレミアにカップルで参加しました。

詳細は以下。

EXCLUSIVE: Ellen DeGeneres Jokes About Why She Doesn't Do Her 'Finding Dory' Voice for Portia de Rossi

写真はこちら。

この日のエレンの発言によると、エレンは家でポーシャ相手にドリーの声を演じたりはしていないのだそうです。

デジェネレスはジョークを飛ばし続けながら、、8年連れ添った妻から(家でドリーの)声をやってくれと言われたらひどいことになるでしょうねと付け加えた。「ポーシャは子供じゃないんですから……『クジラ語で話して! 踊って!』みたいなことは言いませんよ」と彼女は言った。「もしもポーシャが、踊りながら同時にクジラ語を話してと言ってたりしたら、そりゃ、ひどいわ」

Keeping the joke going, DeGeneres added that it would be "horrible" if her wife of eight years asked her to do the voice. "She's not a child. ...[She's not like,] 'Talk whale to me! Dance for me!' She doesn't do any of those things," she said. "That would be bad if she said dance and talk whale at the same time."

エレンの家でクジラ語で話したら、たぶん猫と犬と馬が怯えまくるだろうから、やらなくて正解なんじゃないでしょうか。

ところで『ファインディング・ドリー』は先日、最新のトレイラーに出てくる女性ふたりがレズビアンカップルに見えるとして話題になったばかりです。その後のUSA TODAYの取材によれば、アンドリュー・スタントン(Andrew Stanton)監督とプロデューサーのリンジー・コリンズ(Lindsey Collins)氏は噂を肯定も否定もせず、こんな風に答えているとのこと。

「彼女たちは、何であれあなたがこうであってほしいと思っている人たちである可能性があります」とスタントンは言った。「正しい答えも間違った答えも存在しません」。

「わたしたちはこの女性たちに一度も(訳注:レズビアンかどうかを)尋ねていませんし」とプロデューサーのリンジー・コリンズが付け加えた。

「わたしたちの映画のどのショットに映っているどのカップルにも、それを聞いたことはありませんね」とスタントンは言った。

"They can be whatever you want them to be," said Stanton. "There's no right or wrong answer."

"We never asked them," added producer Lindsey Collins.

"We have not asked that of any of the couples in any of our shots in any of our movies," Stanton said.

うんうん、それでいいと思うわ。そもそも実生活でだって、そのへんを歩いている女二人連れにいちいち「レズビアンですか?」と確かめたりしませんし(いちレズビアンとして言わせてもらうと、確かめられてもすごく困りますし)、「小さい子を連れて歩いている二人連れは、別に『男』の『女』のペアだけじゃない」という現実が、小さい子向けのアニメ映画の中でちゃんと描かれているだけで、あたしとしては満足だわ。それに、"The Puppy Episode"(1997)以前のショウビズ界でレズビアンが置かれていた状況を知る者のひとりとしては、こうやってプレミアに本物のレズビアンカップルが出てきて(しかも、手をつないで!)、ごく当たり前に取材を受けていることの方が、架空のキャラの性的指向よりよっぽどインパクト大だと思いますしね。