読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャー。

OITNBのサミラ・ワイリー、Huluのドラマ『侍女の物語』に出演決定

侍女の物語 (ハヤカワepi文庫)

Netflixドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』プッセイ役で人気の米女優、サミラ・ワイリー(Samira Wiley)が、Huluのドラマ『侍女の物語』(原作:マーガレット・アトウッド)にレギュラー出演すると決まったそうです。

詳細は以下。

'Orange Is the New Black's' Samira Wiley to Co-Star in Hulu's 'Handmaid's Tale' (Exclusive) - Hollywood Reporter

『侍女の物語』は、カナダの作家マーガレット・アトウッドによるディストピア小説。以下、原作本のあらすじをAmazonの「内容紹介」から引用してみます。

ギレアデ共和国の侍女オブフレッド。彼女の役目はただひとつ、配属先の邸宅の主である司令官の子を産むことだ。しかし彼女は夫と幼い娘と暮らしていた時代、仕事や財産を持っていた昔を忘れることができない。監視と処刑の恐怖に怯えながら逃亡の道を探る彼女の生活に、ある日希望の光がさしこむが……。自由を奪われた近未来社会でもがく人々を描く、カナダ総督文学賞、アーサー・C・クラーク賞受賞作。解説/落合恵子

これをHuluが10話ドラマにするんだそうで、主人公オブフレッドをエリザベス・モス(Elisabeth Moss)が、そしてオブフレッドの大学以来の親友モイラをサミラ・ワイリーが演じるとのこと。ちなみにこのモイラ、レズビアンキャラです。

サミラ・ワイリーは、ジュリアードを出たばかりの新人時代に『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』で大当たりして、今や舞台やTVや映画でも快進撃を続けているところ。今後はさらに活躍の場を広げていくのだろうなと思っていたのですが、そうか、Huluが目をつけたか! 楽しみだわこれ。このドラマは2017年配信開始予定とのことですが、読もう読もうと思ってまだ読んでなかった原作を、それまでに読んでおこうと思います。今やKindleでも日本語版が買えちゃいますし。

侍女の物語 (ハヤカワepi文庫)

侍女の物語 (ハヤカワepi文庫)