読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

リオ五輪銀のイタリア女子水泳選手、勝利を彼女に捧げる(そして結果的にカミングアウト)

f:id:miyakichi:20160818141226j:plain

リオ五輪女子10kmマラソンで銀メダルに輝いたラケーレ・ブルーニ(Rachele Bruni)選手が、この勝利を「家族、コーチ、愛する人に捧げます」と発言。この愛する人というのは同性の恋人で、ブルーニ選手は結果的にカミングアウトしたことになります。

詳細は以下。

Rachele Bruni e la medaglia per la compagna Diletta: “Non penso ai pregiudizi” - La Stampa

上記リンク先によれば、ブルーニ選手のコメントは以下の通り。

「わたしは常に自然体で生きていて、何の問題もありません。これまでアウティングもカミングアウトも経験したことはありません。もちろん世の中には偏見が強すぎる人たちもいますが、わたしはおだやかで平穏な暮らしをしています。わたしは自分のために、そして、水泳への情熱や、愛してくれる人たちのために生きているのです」

«L’ho sempre vissuta naturalmente, senza problemi. Non ho mai fatto outing o coming out. Indubbiamente ci sono persone che hanno troppi pregiudizi, però io vivo serena e tranquilla. Non penso ai pregiudizi, vivo per me stessa, per la mia passione per il nuoto e per le persone che mi vogliono bene»,

「スポーツ界に合図を送るのは勇気あることだったかって? わたしたちにとって、これはノーマルなことなんです。いずれにしても、悪いのは人々の偽善です」

«È stata coraggiosa a dare un segnale al mondo dello Sport? Per noi è del tutto normale, la colpa semmai è dell’ipocrisia delle persone».

Towleroadによると、ブルーニ選手の恋人はDiletta Fainaさんというみたい。ふたりの写真は以下をどうぞ。

Le cose cambiano quando le si rende normali...qualunque cosa voglia dire. #lecosecanbiano #itgetsbetter #rachelebruni #rio2016

Giulietta Vacisさん(@meafteryouphoto)が投稿した写真 -

リオデジャネイロ五輪では、ここまでだけでもブラジル女子ラグビー選手英競歩選手が同性間プロポーズをし、ブラジル女子柔道選手が同性の恋人との関係を公言し、ダスティン・ランス・ブラック(Dustin Lance Black)が婚約者の英男子飛び込み選手トム・デイリー(Tom Daley)の銅メダルを祝い、NBCのアナウンサーがブラジル女子ビーチバレー代表の妻を誤って「夫」と呼び(のちに謝罪)……と、LGBT関係の話題が続々と報じられています。同性愛宣伝禁止法があるロシアで開催されたソチ五輪のときとは、ずいぶん違いますね。

これらの報道に対し、おそらく平均的な日本人からは「なぜわざわざ同性同士の関係を公表するのだ」という疑問も寄せられることと思います。でも、異性愛者の選手だって、プロポーズもすれば勝利を恋人に捧げもするでしょう? メダルを取ったときに配偶者とハグしたりキスしたりもするでしょう? 同性と付き合っている選手たちも、それとまったく同じことをしているだけ。それなのに、なぜ同性間のときだけわざわざ隠さねばならないとあなたは思っているのか、とあたしは逆に問いたいです。同性の恋人を持つ人が「公表」しているというより、偏見持ちの人たちが勝手に「隠せ」と思っているだけなんです、こういうことは。