読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャー。

米ゲイポルノ界の巨人、チャック・ホームズの生涯を描くドキュメンタリー映画『Seed Money』トレイラー

Send Money: Legend of Falcon Studios [DVD] [Import]

米ゲイポルノ界の先駆者、チャック・ホームズの生涯を描くドキュメンタリー映画『Seed Money』のトレイラーが公開されました。詳細は以下。

Witness the Birth of Gay Adult Film Giant Falcon Studios in New Doc ‘Seed Money’ - TRAILER - Towleroad

動画はこちら。

チャック・ホームズはゲイポルノ会社Falcon Studiosの創始者で、トレイラーによれば70年代に「ゲイポルノ産業で稼ぎ始めた最初のひとり」だとのこと。事業を通じて「ストーンウォール以降のゲイ・アイデンティティ形成に寄与した」のみならず、ゲイの権利運動に多額の寄付もしてきた人なのだそうです。

おそらく昔のニュースからとったものなのだと思いますが、トレイラーの中の白黒映像でニュースキャスターがこんなことを言っている部分が印象深かったです。

「最高裁は本日、誰でも自室でわいせつな本を読んだりわいせつな映画を見たりしたければそうしてよい、それは法律の干渉することではないとする判決を下しました」

The Supreme Court ruled today that if anyone wants to read dirty books or look at the dirty movie in his own home, you may do so, and it's none of the laws' business.

つまり、それまでは違法だったってわけよね。ゲイどころかヘテロのポルノでも。

憶測ですけど、このニュース、「個人的使用を目的とするポルノの所持を禁ずることはできない」とした、1969年のスタンリー対ジョージア州裁判(Stanley v. Georgia)の判決を報じるものなんじゃないでしょうか。チャック・ホームズはこの流れに乗って、「今がゲイ男性のセクシュアリティーをスクリーンで描くべき時」(トレイラーより)だと判断し、一躍ゲイポルノ界の寵児となったというわけ。どの業界にも目端の利く人ってのはいるもんですね。ちょっと見てみたいわ、この映画。

最後に余談ですけど、この作品、日本のAmazonでもDVDが予約開始になっているのはいいんですが、なぜかタイトルが"Send Money"(金送れ)になっています。これじゃ、まるで下宿からカーチャンにSOSする貧乏学生の話みたいじゃないのよっ。しっかりしてよ、Amazon.co.jp!

Send Money: Legend of Falcon Studios [DVD] [Import]

Send Money: Legend of Falcon Studios [DVD] [Import]