読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャー。

豪ハッテンサウナで潤滑剤に塩酸を入れようとした男が逮捕される

f:id:miyakichi:20160907150420j:plain

オーストラリアのハッテンサウナで2016年8月27日、62歳の男が、館内備え付けの潤滑剤のディスペンサーに塩酸を入れようとした容疑で逮捕されました。

詳細は以下。

A Man Allegedly Tried To Put Acid In A Lube Dispenser In A Gay Sex Club - BuzzFeed News

事件が起こったのは、同国ニューサウスウェールズ州の"Aarows"というゲイ&バイセクシュアル男性向けハッテン施設。警察によれば、このお店では以前にも「似たような事件」があったため、潤滑剤の容器の中身をいじろうとするとアラームが鳴るようにしてあったとのこと。このアラームが鳴ったため、警備員が上記容疑者を取り押さえ、駆け付けた警察が逮捕したのだそうです。塩酸で深刻なけがをした人はいなかったものの、この男は害意にもとづく毒物混入、正式起訴犯罪を目的とする建造物侵入、悪意による損害および免停中の運転などで起訴されたとのこと。

こういう事件があるからこそ、「同性愛でもいいよ、俺/私の目に見えないところで勝手にやっててくれれば」みたいな論調は1ミリたりとも信用できないんですよねー……。いくらゲイやバイセクシュアルだけの場所を作ろうと、こうやってわざわざそこに乗り込んで薬物を混入したり、銃を乱射したり、放火したりする人が後を絶たない(参考:A Brief History of Attacks at Gay and Lesbian Bars - The New York Times)以上、「隠れていれば認めてやる」論法などただの寝言だと思います。「同性愛者がどこにいるかは同性愛者が決めるし、どこにいようと加害されるいわれはない」と言い続けるよ、あたしゃ。