読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャー。

トランプ就任式直前、クィアなダンスパーティーがマイク・ペンス宅前で開催される

LGBTニュース 百合/レズビアン ゲイ バイセクシュアル トランスジェンダー

f:id:miyakichi:20170120165415j:plain

2017年1月18日、米国メリーランド州にあるマイク・ペンス米次期副大統領の家の前で、ホモフォビアとトランスフォビアに抗議するためのクィアなダンスパーティーが開催されました。

詳細は以下。

Protesters Held a Queer Dance Party at Mike Pence's House

このパーティーを主催したのは、WERK for Peaceという草の根アクティヴィスト団体。以下、当日の様子をどうぞ。

前後の文脈をご存知ない方のためいちおう補足説明しておくと、米次期(もうじき『現』になっちゃいますが)副大統領のマイク・ペンスは、全員がLGBTの権利に反対していると言われているトランプ内閣の中でもひときわ強烈なアンチLGBT派として有名な人。ペンスはこれまで、ゲイへの差別を合法化する「宗教の自由回復法」を支持したり、HIV予防のための資金を同性愛の矯正に回せと主張したり、オバマ政権が発表した、LGBTの権利保護に関する指針(公立校に対し、トランスジェンダーの生徒が性自認に適合したトイレを使用できるよう保護することなどを義務付けるもの)を逆戻りさせると言っていたりして、LGBTの人々にとっては危険きわまりない存在。彼が先日一時的に借りたワシントンDCの住居付近でも、住民たちがそれぞれの家の前にレインボーフラッグを掲げるというかたちの抗議が沸き起こったりしていました。メリーランド州では、それがパーティーになったわけですね。

WERK for PeaceのFacebookでのパーティー告知ポストには、こうあります。

#わたしたちはクィア #わたしたちはここだ #わたしたちは踊る そうだよ、ダディー・ペンスになんとかしてこう言ってやる準備をするんだ、「わが国では、ホモフォビアやトランスフォビアは許されないんだ!」

#WeAreQueer #WeAreHere #WeWillDance That's right, get ready to WERK it and tell Daddy Pence: homo/transphobia is not tolerated in our country!

「投票以外の方法で政治的な意思表明をすることは悪」みたいな謎理論を信じている人が少なからず見受けられる日本とは、ずいぶん違いますね。こういうところが米国の底力だと、あたしは思うわ。

The Cutでは、トランプの就任式ではビッグネームのイベントもなく、ナイトクラブの盛り上がりもなさそうだと言われていることに触れた上で、上記のクィアなダンスパーティーについて以下のように説明しています。

言い換えると、大統領就任のパーティーのもっともいい部分はこれでもう終わってしまったのだ――参加できなかった人には、気の毒だけれども。

In other words, the best party of the inauguration is already over — sorry you missed it.

そだね。そして2番目にいい部分は、たとえばコロンバス・サークルでのプロテストや、2017年1月21日にDCで予定されているウイメンズ・マーチ・オン・ワシントン(Women's March on Washington)とかになるのかもね。

追記(2017年1月22日)

上記ウイメンズマーチの運営団体の発表によると、ワシントンD.C.でのマーチは50万人以上を動員し、さらに南極大陸を含む7大陸で計600以上の「姉妹デモ」が開催されたとのこと。