石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

レディー・ガガ、スーパーボウルのハーフタイムショーで「トランスジェンダー」という語を歌う 史上初か

ボーン・ディス・ウェイ

2017年のNFLスーパーボウルのハーフタイムショーでレディー・ガガが歌った「ボーン・ディス・ウェイ」には「トランスジェンダー」という語が含まれています。同ショーでこの語が歌われたのは史上初らしいとUSA Todayが指摘しています。

ガガ様のパフォーマンスの動画はこちら。(以下の画像クリックでYouTubeに飛べない場合は、こちらのリンクをどうぞ:Lady Gaga's FULL Pepsi Zero Sugar Super Bowl LI Halftime Show | NFL - YouTube

そして、USA Todayによるツイートはこちら。訳:「スーパーボウルでトランスジェンダーという語が歌われたのは初めてらしい:『ゲイだろうと、ストレートやバイ、レズビアン、トランスジェンダーだろうと……』」

言われてみれば確かに、これまでこの語がハーフタイムショーで歌われたのを聞いた記憶がないわ……! そもそも"transgender"なり"transgendered"なりの語を歌詞に含む歌そのものが、そうたくさんはないはずですし。実際、AZLyricsでこれらの語を検索すると、前者は5曲、後者は「ボーン・ディス・ウェイ」1曲しか出てきません。で、検索結果を歴代ハーフタイムショウのセットリストと突き合わせてみると、やっぱり「ボーン・ディス・ウェイ」しか使われてないんです。歴史を作ったのね、ガガ様。

あたしはこのショウをリアルタイムで見ていて、公式動画もYouTubeにアップロードされた直後にすぐ見たのですが、その時点ではガガ様のパフォーマンスは「ヒット曲を並べただけ」「政治的メッセージが薄い」などと述べているコメントが比較的目立っていたように思います。残念がってそう言っている人もいる一方、リベラル叩きまたはトランプ支持の立場からそう発言している人もいました。USA Todayは、このような意見に対しても以下の記事でツッコミを入れています。

上記記事の主旨は、"God Bless America"で始まって、トランプ大統領への抗議集会(たとえば先日のウイメンズマーチや、トランプが署名した入国禁止令に反対するデモなど)でよく歌われているプロテストソング"This Land is Your Land"に続き、さらに"Born This Way"で包括を高らかに歌い上げるのはどう見てもポリティカルなメッセージだろうというもの。確かに、言えてる。

思い起こせば2013年、バラク・オバマが就任演説で「ゲイ」という語を性的指向の意味で初めて使った大統領となったときには、メディアがさんざん大騒ぎしたものです。そこから4年、これだけの国民的イベントで"gay, straight, or bi, Lesbian, transgendered life"と歌い上げても特に政治的だとは感じない人がこれだけ増えたということは実に興味深いと思います。あたしとしては、同性愛者のライターのエレイン・アトウェル(Elaine Atwell)さんがThe Dartで発表した、ガガ様のパフォーマンスは政治的だったと述べた上で以下のように結んでいる意見に同感ですね。

ユダヤ人にコカ・コーラを飲むよう勧めることが意味深だと思われる夜(訳注:コカ・コーラがスーパーボウルで流した、ヘブライ語など英語以外のさまざまな言語で"America the Beautiful"を歌い上げるCMに憤慨した人々が、同社へのボイコットを呼びかけていることを指します)に、ゲイ、バイ、そしてトランスのアイデンティティーを取り上げている歌が、生ぬるくて無害なものだと受け止められたのである。それは間違いではあるのだけれども、人々がこのように思ったという事実は、この同性愛者の物書きに大きな安堵をもたらしてくれる。トランプの大統領令が、クィアな米国人の権利を噂通りに奪うのを止めるものがあるとすれば、それは、カミングアウトして誇りを持つということはもはや少しも政治的ではないという認識である。それは単に正常なことなのだ。スーパーボウルが続く限り、どうかこのことが変わらないようにと願う。

On a night when the suggestion that Jewish people drink Coke seemed fraught with meaning, a song that singles out gay, bi, and trans identities struck people as being anodyne and harmless. And that fact, wrong though it is, comes as a massive relief to this gay writer. Because if there's one thing stopping that rumored Trump executive order from curtailing the rights of queer Americans, it's the perception that being out and proud is no longer political at all. It's just normal. May it stay that way for as long as there is a Super Bowl.