石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

今週の未紹介LGBTニュース(2017年7月16日)

f:id:miyakichi:20170716130142j:plain

今年のエミー賞は史上最高にクィアかも

2017年9月12日追記:自分用のメモとして後から見返しやすくするため、この項目は丸ごと別エントリに移しました)

ロンドン・プライドでの同性間プロポーズ2件

プライド・イベントでのプロポーズってよくあるものですが、今年のロンドンでは「婦人警官とその恋人」、「マッチョなラグビー選手とその恋人」の2組のプロポーズが報告されている模様。

まず婦人警官の方。イギリス鉄道警察の公式Twitterが「返事はイエスでした!」と動画を貼っています。

続いて、ラグビー選手のプロポーズはこちら。このTwitterアカウントは、所属チームの「キングス・クロス・スティーラーズ」のもの。

おめでとうございます、お幸せに。

ロンドン交通局、アナウンスでの「レディース・アンド・ジェントルメン」という呼びかけをやめ「皆さま(Everyone)」に統一

以下、交通局の公式Twitterより引用。訳:「ロンドン交通局は、交通ネットワークで歓迎されているとすべての人に感じていただきたいと考えております。アナウンスで使用する言葉遣いを再検討いたしました」

「アナウンスが、そしてあらゆる場所が、ロンドンの偉大な多様性を反映した完全に包括的なものになるようにいたします」

これらのツイートにぶらさがっているレスを見ると、英国でさえ「レディース・アンド・ジェントルメン」の何が問題なのかわからない人は多数いる模様。がんばれロンドン交通局。

ドラマ『ヒーローズ』の米俳優トーマス・デッカー(Thomas Dekker)がゲイとしてカミングアウト 同番組プロデューサーからのアウティング後

デッカーの見解では、プロデューサーのブライアン・フラー(Bryan Fuller)が、アウトフェストでの受賞スピーチでデッカーのセクシュアリティをアウティングしたとのこと。

My sexual orientation once again came into question this week when a prominent gay man used an awards acceptance speech to "out" me. While he did not mention me by name, the explicit details of his reference made it easy for the public and media to connect the dots. While it is an odd situation, I thank him because it presents a prime opportunity for me to publicly say that I am indeed a man who proudly loves other men. In fact, this April, I married my husband and I could not be happier. I have never lied to the press about the fluidity of my sexuality but this man claiming that I came out is not true. Because I have not "officially" until this moment. I simply refuse to be robbed of the glorious joy that belongs to me. To say the words myself. "I'm gay". Those words are a badge of honor that no one can steal. Sexuality and who you love is a deeply personal and complicated thing. For some of us, it takes time to cultivate, discover and conclude. It is not something anyone should ever be ashamed of and certainly not something anyone should be rushed into. I agree with many who believe it is an important responsibility for LGBTQ persons with a platform to come out. It has the power to change minds, challenge beliefs and make others feel understood and supported. It can strengthen the progression of our community and help disarm those who discriminate against us. It is a brave, powerful and important thing to do but it is also a deeply personal decision. One that should only be made when you are ready. If we are to stand strong in the gay community, our mission should be support, not exclusion; love, not shame. I choose not to look back on the past with a regretful heart but rather focus on the future with a hopeful one. A future where myself and all others can feel free to express their true selves with honor and dignity. I embrace you, any of you, with open arms, kindness, faith and patience. For all of you who have supported me, before and now, I thank you from the bottom of my fledgling heart. Be proud of who you are. No matter how long it takes.

Thomas Dekkerさん(@thomas.dekker)がシェアした投稿 -

一部訳:

カムアウトする機会のことで、LGBTQの人には重大な責任があると信じている多くの人々に賛成です。カミングアウトには、人々の考え方を変えたり、信念に異議申し立てをしたり、他の人たちに『自分は理解されていて支持されているのだ』と感じさせたりするだけのパワーがあります。(引用者中略)でも、それはまた、たいへん個人的な決断でもあります。本人の準備ができたときだけになされるべきものなのです。

I agree with many who believe it is an important responsibility for LGBTQ persons with a platform to come out. It has the power to change minds, challenge beliefs and make others feel understood and supported. [...]but it is also a deeply personal decision. One that should only be made when you are ready.

BBC、ドラマ『ホルビー・シティ(Holby City)』への「ゲイキャラ多すぎ」という苦情に屈せず

以下、BBCのオリヴァー・ケント(Oliver Kent)氏の発言。

「わたしは『ホルビー・シティ』に携わっているのですが、最近何人かの視聴者から、ゲイのキャラクタが多すぎるという苦情をいただきました。

「現在ゲイのラブストーリーがふた通り出てくるからなんですよ。17人の登場人物のうち4人(が、ゲイの登場人物)です。これが比率的に言って多すぎるとは思いません」

I am involved in 'Holby City' we had complaints recently because it was deemed by some viewers that we had too many gay characters.

"And that's because at the time we had two gay love stories. We had four characters out of 17. I don't think that's disproportionate."

米小売り大手「ターゲット」、どんなジェンダーの子供でも着られる衣料品のラインナップ発売へ

このラインナップはターゲットとToca Bocaのコラボ企画で、5~9歳を対象とした服やバックパック、シーツなどが2017年7月17日から発売される予定だそうです。


マイロ・ヤノポリス(Milo Yiannopoulos)の本、全英で152冊しか売れず

マイロ・ヤノポリス(日本語圏では『ヤノプルス』とも表記)は英国出身のオープンリー・ゲイの保守派ジャーナリストで、トランスフォビアや人種差別主義で有名な人。トランプ支持の右派ニュースサイト『ブライトバート・ニュース(Breitbart News)』の編集者でしたが、小児性愛擁護発言があだとなって辞職に追い込まれていました。