石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

BBCで『ル・ポールのドラァグ・レース』用語満載の天気予報 国際ドラァグの日で

Rupaul's Drag Race, Season 8

BBCの天気予報アナウンサー、オワイン・ウィン・エヴァンズ(Owain Wyn Evans)氏が2017年7月16日、『ル・ポールのドラァグ・レース』のドラァグクィーンたちの名前などを大量に散りばめた天気予報を披露しました。この日は国際ドラァグの日(International Drag Day)だったんですって。

詳細は以下。

BBC weatherman delivers sickening forecast filled with Drag Race references

映像はこちら。

ダジャレが多いので日本語にしづらいのですが、いくつかのフレーズを紹介してみます。


「この前線のため昨日は雨が降りました。お庭のニーナ・フラワーズ(frowers=『花』)にとってはすばらしいニュースです」

"So this weather front brought us some rain yesterday which is great news for our Nina Flowers in the garden."


「この日差しはしばらく雲の後ろにチャーリー・ハイズ(hide=『隠れる』の意)してしまいます」

"That sunshine Charlie Hides behind all of these clouds for a time."

ちなみにニーナ・フラワーズとチャーリー・ハイズはそれぞれこんな人です。ご参考まで。


「それでこの前線は実のところ、胸を張って消えました」

"So that weather front has indeed sashayed away."

"Sashay away"(『胸を張って消えなさい』)はル・ポールが『ドラァグ・レース』で退場者に告げる決まり文句です。

この天気予報、言葉遊びにとどまらずオチで扇子が出てくるあたりも気が利いていて、笑いながら鑑賞させていただきました。BBCはすごいなあ。いや、むしろ、エヴァンズ氏がすごいのか。そうそう、本家ル・ポールも、この予報がなかなかお気に召したみたいです。

訳:「オワイン、今週のチャレンジの勝者はあなたよ。賞品はBoobsForQueensのギフト券ね」。