石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

『スーパーガール』S3にマギーのホモフォビックな父登場 配役は『24』のカルロス・バーナード

24 Season 7
24 Season 7 / friskytuna

『24 -TWENTY FOUR-』のトニー・アルメイダ役で知られる米俳優カルロス・バーナードが、『スーパーガール』S3でマギー・ソウヤーの父親役を演じるそうです。そう、マギーのあのホモフォビックなお父さんが、ついにドラマ内に登場するの。

詳細は以下。

"Supergirl" Casts Maggie Sawyer's Homophobic Father For Season 3 | NewNowNext

『スーパーガール』は、DCコミックスを原作とするスーパーヒーロー物のTVドラマ。シーズン2では主人公スーパーガール/カーラ(メリッサ・ブノワ)の義姉アレックス(カイラー・リー)と女性刑事マギー・ソウヤー(フロリアナ・リマ)とのラブロマンスが描かれ、大いに話題になりました。このシーズン2で、マギーはティーンエイジャー時代にアウティングによって親にレズビアンであることを知られ、家を追い出されて、以後大変な苦労をしたと語っています。そのマギーを追い出した父親役を、新シーズンでカルロス・バーナードがやるわけ。

今年5月ぐらいの時点で、シーズン3ではマギーはレギュラーキャラとはならないことが報じられており、多くのファンをがっかりさせていたのですが、してみるとちゃんとマギーさんがらみのエピソードは作られるみたいですね。フロリアナ・リマによればこの役はもともとワンシーズン限りの予定だったのだそうで(そのためS3でレギュラーとして演じるにはフロリアナのスケジュールの都合がつかなかったということみたい)、そのキャラをS3に呼び戻し、さらなる掘り下げを実現させてしまったサンバース(アレックスとマギーのカップリング)人気おそるべし。ホモフォビックな父と非ヘテロの娘の対立シーンというと、『グレイズ・アナトミー』のカリーとお父さんの名場面が即座に脳裏に浮かびますが、あれに負けないぐらい充実した回になるといいなと思います。

SUPERGIRL/スーパーガール 〈ファースト・シーズン〉 コンプリート・ボックス(3枚組) [Blu-ray]

SUPERGIRL/スーパーガール 〈ファースト・シーズン〉 コンプリート・ボックス(3枚組) [Blu-ray]

SUPERGIRL/スーパーガール <セカンド・シーズン>ブルーレイ  コンプリート・ボックス(4枚組) [Blu-ray]

SUPERGIRL/スーパーガール <セカンド・シーズン>ブルーレイ コンプリート・ボックス(4枚組) [Blu-ray]

ドラマ『スーパーガール』関連記事