石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

元五輪ハードル選手コリン・ジャクソンがゲイとしてカミングアウト

Colin Jackson: The Autobiography

ソウルオリンピック銀メダリストの元陸上選手、コリン・ジャクソン(50)が、スウェーデンのTV番組「Rainbow Heroes」のインタビューで同性愛者としてカミングアウトしました。

詳細は以下。

Olympic Hurdler Colin Jackson Comes Out as Gay: VIDEO - Towleroad

ジャクソン氏は英国出身で、60メートルハードルの世界室内記録保持者。110メートルハードルでも活躍し、1988年のソウルオリンピックで銀を取った後、1993年と1999年の世界陸上で優勝しています。2008年にタブロイド紙が彼の性的指向について書きたてたときには否定していたそうなんですが、本人によれば、その理由は私生活を煽情的に扱われるのが嫌だったからだとのこと。今回「Rainbow Heroes」でカミングアウトしようと決めたのは、この番組が、性的指向が彼のパーソナリティにあたえた影響を描くことに力を注いでいると思ったからなのだそうです。

NHS医師のRanj Singh氏がTwitterで発表した、こちらの意見がすべてだと思います。

画像の文章を一部訳すと、こんな感じ。「スポーツ界で卓越した地位についた有色人種の人がカミングアウトするというのがいかに大きな一歩なのかわからないのであれば、(ジャクソン氏のカミングアウトを)ジャッジしないでください。同じ境遇を乗り越えているわけでもないのに、人の経験を軽視しないでください。それはあなたの戦いではないのです」。