石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

マギー・スザボ新曲「Don't Give Up」MVはトランス・ティーンが主人公

f:id:miyakichi:20170925133757j:plain

カナダのポップシンガー、マギー・スザボ(Maggie Szabo)が、新曲「Don't Give Up」のミュージックビデオで、恋人とプロムに向かうトランスジェンダー高校生の物語を描きました。

詳細は以下。

Maggie Szabo's New Music Video Tells Trans Youth "Don't Give Up" | NewNowNext

動画はこちら。

この動画はまず、目に涙を浮かべた主人公が化粧してドレスを身に着け、ボーイフレンドとプロムに向かうところから始まります。美しく装った我が子の姿に、ご両親は大喜び。でも本人はどこかぎこちなくて、悲しそう。ところがその一方、すべてを知っていた彼氏は、プロム会場の近くのガレージにとあるサプライズを用意していたんでした。おかげで主人公は自分が本当に望む姿になれ、誰にもジャッジされたり笑われたりすることなく愛する人とスローダンスを踊ることができたというオチ。

マギー・スザボはこの曲の収益の一部を、米ニューヨークにあるLGBTユースのホームレス用シェルター「アリー・フォーニー・センター( Ali Forney Center)」に寄付するそうです。いいね。