石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

『ル・ポールのドラァグ・レース』S4のフィ・フィ・オハラがプエルトリコ救済ドラァグショウ開催

f:id:miyakichi:20171006125846j:plain

ハリケーン「マリア」の被害に苦しむプエルトリコを助けるため、ドラァグクイーンのフィ・フィ・オハラ( Phi Phi O’Hara)がチャリティのドラァグ・ショウを開催するそうです。ショウの利益はすべて、被災者支援のために寄付されるとのこと。

詳細は以下。

Phi Phi O'Hara Announces Superstar Drag Benefit Show For Puerto Rico | Billboard

フィ・フィ・オハラはイリノイ州シカゴ出身のドラァグクイーンで、勝ち抜きコンテスト番組『ル・ポールのドラァグ・レース』シーズン4の元コンテスタントです。フィ・フィはプエルトリコの被災者への寄付金を集めるため、 来たる2017年11月6日、米ミネソタ州ミネアポリスでスーパースターのドラァグ・ショウをおこなうとのこと。ショウの名前は"Queens United/Reinas Unidas" (直訳すると『結束したクイーン』)で、利益は全額、ジェニファー・ロペス(Jennifer Lopez)とマーク・アンソニー(Marc Anthony)がプエルトリコの被災者支援のために結成したアーティストとスポーツ選手の同盟、"Somos Una Voz"(意味は『わたしたちはひとつの声)に寄付されるそうです。

フィ・フィ・オハラのInstagramでの告知はこちら。


『ル・ポールのドラァグ・レース』って、プエルトリコ系のコンテスタントがいっぱいいたはず。と思って上記の出演者を見てみると、シーズン8のシンシア・リー・フォンテーヌ(Cynthia Lee Fontaine)など、見覚えのある顔がけっこうありますね。なお、フィ・フィの夫もプエルトリカンで、それだけにいっそうこのハリケーン被害に心を痛めているのだそうです。

以下、フィ・フィのことば。

「プエルトリコで奮闘している人々に思いやりと共感を示すのに、お金はいりません」と、オハラはコメントした。「本当に必要なのは、再建を手伝い、プエルトリコの人々に、あなたたちは大切な存在なのだと示すリーダーなんです。誰かが困っているのを見たら、人種・性別・ジェンダー・宗教的背景が何であろうと人として手を差し伸べて助けなければ」

“It doesn't take money to show compassion and empathy for people who are struggling in Puerto Rico,” O’Hara comments. “What it does take is a leader to help rebuild and show the people of Puerto Rico that they matter and we as humans, no matter race, sex, gender, religious background, see someone struggle, you put out a hand to lift them up.”

Queens United/Reinas Unidasはクラウドファンディングでも寄付を募っており、目標額1万ドルのところ既に7千ドル以上が集まっています。「ミネアポリスまではいけないけど、ちょっと財布に小銭余ってるわ」という方は、ぜひ以下を覗いてみてください。

もちろんこちらでも可。