石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

プロムをはさんでビフォーアフター。今じゃすっかり女性が好きな女性たちの写真

f:id:miyakichi:20171104222829j:plain

女性とつきあっている17歳女性が、男性とデートしていた頃と現在の比較写真を半ば冗談でTwitterに投稿。これにインスパイアされた女性を愛する女性たちが、我も我もと自分のビフォーアフター写真を投稿しています。

詳細は以下。

A Teen's Joke Inspired A Powerful And Hilarious Thread Of Women Sharing Their Coming-Out "Glo Ups"

ことの発端はケイトリン・クラウリー(Caitlin Crowley)さんによるこのツイートでした。訳:「1年生から3年生、これも美しく成長したうちに入る?」。

1枚目の写真は、クラウリーさんがハイスクールの1年生のとき、ディラン(Dylan)さんという男性とダンスパーティーに参加したときのもの。2枚目は、その後大学準備プログラムで出会った現在の彼女、キリン・チュー(Kirrin Chew)さんとのキス写真です。クラウリーさんとチューさんは1年ほどの交際で、6か月前にカミングアウトしたとのこと。

ほんの数年の違いを仲間内で面白がるつもりで投稿されたこの写真は、しかし、思わぬ反響を呼びました。似たような経験を持つ女性たちが、続々と自分自身の比較写真を投稿し始めたんです。以下、上でリンクしたBuzzFeedの記事では紹介されていないものも含めて、元ツイートのスレッドからいくつか拾ってみました。

高校1年から3年どころじゃないタイムスパンの人も、けっこう写真を投稿しています。訳:「ガール、同じだよ、わたしの場合もうちょっと時間がかかったけど。2011年のシニアプロムと、今年(2017年)6月の結婚式」

そして、30年をはさんだビフォーアフター写真を上げた人も。訳:「1984年から2014年(そしてわたしは2011年になってようやくカミングアウトし始めたんです)。美しく成長するには歳をとりすぎでしょうか?」

現在シングルな人のビフォーアフター写真もありました。そうよね、彼女がいる人だけがゲイだってわけじゃないし、恋人がいようといまいと美しく成長することは可能だもんね!

しかしみなさん現在幸せそうでよかったけれど、今こんなに楽しそうに女性を愛する人生を送っている女性たちもかつてはこんな風に正装して異性とプロムに行っていた(または、行かざるを得なかった)のかと思うと、社会の強制異性愛パワーって本当にすさまじいものがありますね。そんな中サバイバルし抜いてハッピーな現在をつかみ取った、すべての女性たちに乾杯。