石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

今週の未紹介LGBTニュース(2017年11月26日)

f:id:miyakichi:20171126114710j:plain

CWクロスオーバー回でラッセル・トーヴィーがゲイのスーパーヒーローに

Russell Tovey Appears As A Holocaust Victim In First Look As Gay Superhero The Ray | NewNowNext

米CWのドラマ『ARROW/アロー』、『THE FLASH/フラッシュ』、『SUPERGIRL/スーパーガール』、『レジェンド・オブ・トゥモロー』のクロスオーバー・エピソードで、オープンリー・ゲイの俳優ラッセル・トーヴィー(Russell Tovey)が、ゲイのスーパーヒーロー「レイモンド・“レイ”・テリル」を演じるというニュース。

この4話連続のエピソード"Crisis On Earth X"は、ヒトラーが第二次世界大戦に勝利したパラレルワールドでスーパーヒーローたちがナチスと戦うという話。レイ(テリル)はホロコーストで収容所に囚われたゲイとして、胸にピンクの逆三角形(ナチスがゲイの囚人につけたマーク)をつけた姿で登場するのだそうです。

"Crisis On Earth X"は米国で2017年11月27日~28日放送予定。トレイラーはこちら。


ディズニーアニメに初の「男のプリンセス」誕生

Meet The First Male Disney Princess: "Princesses Can Be Hairy!" | NewNowNext

日本でも放送されているディズニーアニメ『悪魔バスター☆スター・バタフライ』(原題:Star vs. the Forces of Evil)に、ディズニー史上初の「男のプリンセス」が登場したというニュース。

この回のストーリーは、レギュラーキャラの少年マルコが女装して「ターディナ姫」と名乗って女子感化院に潜入し、そこに収容されているプリンセスたちを力づけるというもの。すごいのはここからで、胸毛が原因で男だとばれた「ターディナ姫」に、他のプリンセスたちは「それが何よ! プリンセスが毛深くたっていい!」と言い切り、マルコ本人が自分は男なのだと告白しても、こんな風に続けるんです。

  • 「男だからって何なの? 彼が言ったことは何ひとつ間違ってない!」
  • 「彼は自分の判断で(自分が何者であるのかを)決めていいし、わたしたちだって同じ!」
  • 「彼がプリンセスになりたいのなら、なれるよ!」
  • 「『ターディナ』は心のありようなのよ!」

この場面の動画はこちら。


ゲイ映画『コール・ミー・バイ・ユア・ネーム』がインディペンデント・スピリット賞6部門ノミネート

Gay Drama 'Call Me By Your Name' Leads Independent Spirit Award Nominations: FULL LIST - Towleroad

ティモテ・シャラメ(Timothée Chalamet)とアーミー・ハマー(Armie Hammer)が男性同士のロマンスを演じる映画『コール・ミー・バイ・ユア・ネーム』が、米インディペンデント・スピリット賞の6部門にノミネートされたというニュース。ノミネーションは以下の各部門だそうです。

  • 作品賞(Best Feature)
  • 監督賞(Best Director)
  • 撮影賞(Best Cinematography)
  • 編集賞(Best Editing)
  • 主演男優賞(Best Male Lead)
  • 助演男優賞( Best Supporting Male)

この映画のトレイラーはこちら。


Facebookユーザのセクシュアリティは「いいね」数個で特定可(米研究)

Facebook can tell your sexuality from just three page likes · PinkNews

Facebookの「いいね」8個未満でユーザの特性(性的指向、IQ、喫煙・飲酒習慣の有無、政治的・宗教的信念など)をつかむことが可能だという研究結果が発表されたというニュース。この研究によれば、たとえばレディー・ガガ、ヒューマン・ライツ・キャンペーン、『トゥルーブラッド』、ハリー・ポッターに「いいね」をつけているユーザは同性愛者である可能性が高いと言えるんだそうです。

そういえば、Facebookが勝手にユーザをゲイだと判断して広告表示で「アウティング」しているという話は以前から時々聞きます。最初から使わないのが一番なのかも。

米バージニア州共和党、トランス女性議員の誕生に伝統を変えてまで抵抗

The GOP is so afraid of calling a trans politician a woman they’re willing to abolish gender / LGBTQ Nation

先日米国バージニア州下院議員選挙で、トランスジェンダー女性の立候補者ダニカ・ロウム(Danica Roem)氏が、共和党のアンチLGBTな対立候補ボブ・マーシャル(Bob Marshall)氏を破りました。これによりロウム氏は同州初のトランスジェンダー議員に。

米国の特に下院では、議員は互いのことを「ジェントルマン(“gentleman” )」、「ジェントルウーマン( “gentlewoman”)」と呼ぶのが長年のならわしです。ところが州下院与党の共和党はどうしてもロウム議員を「ジェントルウーマン( “gentlewoman”)」と呼びたくないらしく、今後は全員「議員 (“delegate”)」と呼び合わせることにしたのだそうです。

でも、当のロウム議員の反応はこちら。

訳:「このことの背後にある意図が、わたしにとって寛大なものではなかったということはわかっています。今後議長になるであろう@deltoscano(訳注:同州下院の民主党リーダー、David J. Toscano氏のこと)からのご支援に感謝します。とは言え、このことの意図せぬ帰結として、ノンバイナリーの(訳注:『男女二元論にはとらわれない性自認を持つ』の意)バージニア州民が勇気づけられ、立候補して当選するといいと思います」。

保守的なはずの共和党が、期せずしてノンバイナリー・フレンドリーな環境を作ってしまったというわけで、これはなんとも皮肉よね。

ロイ・ムーアを支持する共和党政治家にナブラチロワが言葉のスマッシュ

Tennis legend Martina Navratilova‏ has a perfect shut-down for homophobic Republicans · PinkNews

米アラバマ州の12月の上院補欠選挙に立候補しているロイ・ムーア(Roy Moore)は現在9人の女性から性的加害行動で告発されており、しかもうち1件は当時14歳の子供に対する加害だったと言われています。にもかかわらずムーアを支持し続けている福音派&右派の共和党議員らに関して、レズビアンの元テニス選手マルチナ・ナブラチロワ(Martina Navratilova)がこんなツイートを叩きつけたというニュース。

訳「あの人たち、ゲイカップルのためのケーキを焼くことは『自分たちの宗教に反している』という理由で問題視するのに、ペドファイルに投票するのはOKなわけね。わかった」

ちなみにムーアというのは、これまで9/11は米国の不信心に対する神罰だとか、「ホモセクシュアルな行為」は違法にすべきだとかいう意見を披露してきた人。『サタデー・ナイト・ライブ』でも先日、ケイト・マッキノン(Kate McKinnon)扮するジェフ・セッションズ(Jeff Sessions)のギャグで激しく批判されています。


「もうたくさんだ」ジェブ・ブッシュの元広報担当がロイ・ムーアの対立候補支援

This gay conservative just endorsed Roy Moore's Democratic opponent - Gay Star News

共和党のアラバマ州上院議員候補ロイ・ムーア(Roy Moore)の未成年者などに対する性的加害スキャンダルを受け、ジェブ・ブッシュ(Jeb Bush)の大統領選広報担当(communications director)だった共和党ゲイ男性ティム・ミラー(Tim Miller)が、ムーアの対立候補を支援すると表明しました。

以下、本人によるツイートです。

訳:「生まれて初めて民主党に寄付したところだ。もしみんなの中に同じことをしたい人がいるのなら、そうすればいい。もうたくさんだ」。

また、同じゲイの共和党員で、ムーアを支持し続けているクリス・バロン(Chris Barron)に対しては、こう。

訳:「あなたが認めようと認めまいと、ムーアの対立候補への支援を呼びかける人々をあざけり、みくびることで、あなたはロイ・ムーアを弁護し、かばっているのだ」。

豪ゲイカップル宅に憎悪の手紙 国民投票の「YES」後

A gay couple is getting hate mail from a sore loser / LGBTQ Nation

豪州の郵送調査(法的強制力のない国民投票)で回答者の約6割が同性婚に賛成した後、同国のゲイカップル、カークとアンドリュー・マッドル(Kirk and Andrew Muddle)さん宅の郵便受けにゲイへの憎悪をつづった手書きの怪文書が入れられたというニュース。原文の英文法が一部おかしいんですが、以下、変なところは変なまま日本語にしてみました。

  • 「『おまえ+彼』が違法で、刑務所送りだった頃を忘れるな! おまえら全員を去勢する思う!」
  • 「『実現させよう、そうしよう』『郊外に住む幸せなゲイたち』だと? 失せやがれ!」
  • 「よくもご近所全体をめちゃくちゃにしてくれたな。たった1回のイエスの投票(49%がイエスだ)で。この界隈には子供も年寄りもいるってことを忘れるな!! 敬意がない、だめなものはだめだ! だめなものはだめ!ゲイはだめ!」
  • 「それから、おまえらは裏口好きだと知ってるから、犬を飼うべきじゃない!」

子供や老人、犬などの弱き者を盾にして自分の暴言を正当化しようという、どこにでもある卑怯者のやり口ですな。

トランスジェンダーの『ブリテンズ・ネクスト・トップ・モデル』コンテスタントにアシッドアタックの脅迫

Transgender Britain’s Next Top Model contestant Talulah-Eve threatened with acid attack · PinkNews

英国のリアリティ番組『ブリテンズ・ネクスト・トップ・モデル』出演者でトランスジェンダー女性のタルーラ=イヴ・ブラウン(Talulah-Eve Brown)さんが、アシッドアタックをかけると脅迫されたというニュース。以下、本人のツイートです。

訳:「わたしは決してネットで自分が受けたいやがらせのことを延々と話すような人間ではありません。でも、アシッドアタックで脅されたら、頭の中で何が起こればこんな吐き気を催すことが言えるのかとても理解できません」。

添付画像は、ロバート(Robert)なる人物と、タルーラさんのファンたちのやりとりのスクリーンショット。ロバートが「アシッドアタックする」と発言し、ファンたちは「それは脅迫」「証拠としてスクリーンショットをとった」と言っています。