石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。

レズビアンの娘を失った米農夫、アンチゲイなロイ・ムーアに投票しないよう呼びかけ

Roy Moore - Caricature
Roy Moore - Caricature / DonkeyHotey


米アラバマ州で先日投開票された上院補選の少し前、共和党のロイ・ムーア候補の選挙集会会場外に立ち、アンチゲイなムーア候補に投票しないよう呼びかけていたお父さんがいました。「かつて自分自身アンチゲイだった」という彼は、レズビアンの娘さんを自死で失ったのだそうです。

詳細は以下。

This Alabama Father Shared A Heartbreaking Story About His Gay Daughter's Suicide To Condemn Roy Moore

この男性ネイサン・マシス(Nathan Mathis)氏は、地元のピーナッツ農家の人。彼がこの日持っていた写真とプラカードはこちら。

マシス氏の掲げている写真には23歳で亡くなったという娘さん、パティさんの姿が写っており、足元のプラカードにはこう書かれています。

ムーア判事はわたしの娘、パティ・スー・マシスを変態と呼びました。彼女が同性愛者だからという理由で。32歳のロイ・マシスは、14歳から17歳の十代少女とデートしていました。ということは、彼は最悪の変態です。ロイ・ムーアに投票しないでください!

ロイ・ムーアの未成年少女に対する性的加害スキャンダルについては、今週の未紹介LGBTニュース(2017年11月26日) - 石壁に百合の花咲くをご覧ください。ちなみに宗教保守であるムーアは以前から「(伝統的な)家族の価値観(“family values”)」を重んじ、同性愛者を「変態」と呼んだり、同性愛行為を違法にしろと言ったり、連邦最高裁が同性婚を認めたのは黒人に市民権を認めたことより「さらに悪い」と評したりしてきた人。自分にかけられた未成年へのわいせつ行為疑惑さえも、ゲイ、レズビアン、トランスジェンダーなどによる「悪意ある」捏造によるものだと主張しています。

で、マシス氏が本当にすごいのはここから。NBCの取材に対する、こちらのことばをご覧ください。

動画の中でリポーターから「あなたがおっしゃりたいのは、娘さんの自死の原因は……」と水を向けられたマシス氏は、即座にこう答えています。

「いや、そういうわけではないんです。わたし自身がアンチゲイだったんです。わたし自身、娘に対してひどいことを言ったのです。後悔しています。でも、娘に起こったことを元に戻すことはできません。しかし、娘を変態と呼ぶようなことがーーもちろん彼女を苦しめたんです。

ムーア判事はわたしの娘だけのことを言ったのではありません。娘を名指しで呼んだわけではありません。彼は全ての同性愛者のことを変態だ、忌むべきものだと言ったのです。それは間違っています。こんな人にワシントンでわたしたちを代表させる必要はありません」

“No, I’m suggesting that.I was anti-gay myself. I said bad things to my daughter myself, which I regret. But I can’t take back what happened to my daughter. But stuff like sating my daughter a pervert—sure, that bothered her.

“Now, you know, judge Moore did not just say my daughter. He didn’t call my daughter by name. He said all gay people are perverts, abominations. That’s not true. We don't need a man like that representing us in Washington.”

なかなか言えるもんじゃないですよ、こういうこと。


上院補選は2017年12月12日に投開票され、接戦の末民主党のダグ・ジョーンズ候補がムーア候補を下しました。アラバマ州の連邦上院選で共和党候補が負けたのは、実に25年ぶりとのことです。