石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。

カミングアウトしている2018年平昌冬季五輪選手はこちら

f:id:miyakichi:20180219150155j:plain

※2018年2月25日追記:このエントリは「今週の未紹介LGBTニュース(2018年1月28日)」に一旦載せた内容を、独立したエントリとして投稿し直したものです。

Here are the out LGBTQ athletes who will compete in the 2018 Winter Olympics / LGBTQ Nation

上記リンク先は、性的マイノリティであることを公表している、2018年の冬季五輪出場選手たちの紹介記事。名前、種目、セクシュアリティ、国を抜き出して、以下に簡単にリスト化してみました。

  • Adam Rippon(フィギュアスケート、ゲイ、米)
  • Gus Kenworthy(スロープスタイル、ゲイ、米)
  • Ireen Wüst(スピードスケート、バイセクシュアル、オランダ)
  • Eric Radford(フィギュアスケート、ゲイ、カナダ)
  • Daniela Iraschko-Stolz(スキージャンプ、レズビアン、オーストリア)

Outsportsによれば、上記のほかオーストラリアのBelle Brockhoff(スノーボード)も出場を決めた模様。ソチ五輪のときロシアのアンチゲイな法律に怒り、「プーチンの尻の上で滑ってやる」と言った、あのバイセクシュアルの選手ね。これは楽しみ、応援しようっと。

追記(2018年2月25日)

もっとたくさん(全部で15人)のLGBTQ冬季五輪出場者を紹介する記事が出てました。

2018 Olympics will have a record 15 out LGBTQ athletes - Outsports

上記リンク先によれば、選手らの名前と出場国、種目は以下の通り。くわしい戦績や各選手の発言、ソーシャルメディアなどについては上記リンク先をご参照ください。

  • Emilia Andersson Ramboldt (スウェーデン、アイスホッケー)
  • Belle Brockhoff(オーストラリア、スノーボード)
  • Brittany Bowe (米国、スピードスケート)
  • Jorik Hendrickx (ベルギー、フィギュアスケート)
  • Daniela Iraschko-Stolz(オーストリア、スキージャンプ)
  • Barbara Jezeršek (オーストラリア、クロスカントリースキー)
  • Gus Kenworthy (米国、フリースタイルスキー・スロープスタイル)
  • Cheryl Maas(オランダ、スノーボード)
  • Simona Meiler(スイス・スノーボード)
  • Kim Meylemans (ベルギー、スケルトン)
  • Sarka Pancochova (チェコ、スノーボード)
  • Eric Radford (カナダ、フィギュアスケート・ペア)
  • Adam Rippon (米国、フィギュアスケート)
  • Sophie Vercruyssen(ベルギー、ボブスレー)
  • Ireen Wüst (オランダ、スピードスケート)