石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

「ここはヘイトの居場所じゃない」聖パトリックの日のパレードで住民らがペンスに抗議 米ジョージア州

AAHS Engravings Vice President Mike Penceライフサイズスタンドアップ

米国のマイク・ペンス副大統領が、ジョージア州サバンナの聖パトリックの日のパレードに参加。彼の差別的な政策に反対している住民たちが、思い思いのプラカードやレインボーフラッグで抗議の意を示しました。

詳細は以下。

Savannah Georgia ruined Mike Pence’s St. Patrick’s Day in the best way possible / LGBTQ Nation

マイク・ペンスは強硬な宗教保守派として知られる共和党政治家で、アンチLGBTで、結婚の平等は「社会的崩壊」を招くと言っている人。ワシントンでもっとも中絶に反対している政治家で、かつ、トランプのレイシスト発言を擁護した人。これまでも行く先々でレインボーフラッグによる抗議を受けてきた(例1例2)彼ですが、ジョージア州サバンナの人々からもやはり抗議されていたようです。

以下、写真をどうぞ。まずはパレードルート沿道のレインボーフラッグ。

「マイク・ペンスはホモフォーブ」など。

「やあペンス、プランド・ペアレントフッドに寄付したよ」

「帰れペンス」

サバンナの公園、ライト・スクエアでの平和的抗議。

ワシントンポストによると、当初サバンナ市はプラカードやポスターによる抗議を禁止しようとしていて、ACLUの訴えで撤回したんだそうです。サバンナ警察のマーク・レベニュー(Mark Revenew)署長は、以下のように話したとのこと。

「ここは自由な国ですから、すべての人に意見を持つ権利があり、わたしたちはそのことを尊重します」

“It’s a free country, everyone has a right to an opinion and we’re going to respect that,”