石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。

ドラマ『ウエストワールド』S2にクィアなシーン登場 エヴァン・レイチェル・ウッド語る

Westworld: The Complete First Season (BD) [Blu-ray]

両性愛を公表している米女優エヴァン・レイチェル・ウッド(Evan Rachel Wood)が、自身が出演しているHBOドラマ『ウエストワールド』S2にはクィアな要素があると話しています。

詳細は以下。

Evan Rachel Wood to Gay ‘Westworld’ Fans: ‘We’ll Give You Something’ | IndieWire

『ウエストワールド』は、1973年の同名の映画を基にしたSFサスペンスドラマ。2016年秋からシーズン1が放送され、2018年4月22日にシーズン2が始まろうとしているところです。日本では現在、Amazonプライムビデオでシーズン1を見ることができます。エヴァン・レイチェル・ウッドは、シーズン2にはいくつかクィアな瞬間があるとして、以下のように語ったとのこと。

「物語の筋についてはわかりませんが、わたしは失望はしませんでした」と彼女は言った。「わたしに言えるのはそれだけです。(S2では)何かが起こりますよ。クィアな人間としては、『もっと』と思いました。このドラマは視聴者を置き去りにしたりはしません。わたしが言いたいのは、そういうこと」

“I don’t know about any storylines, but I was not disappointed,” she said. “That’s all I can say. We’ll give you something. As a queer person, I’m like, ‘More.’ We will not leave you high and dry. That’s what I’m going to say.”

ちなみにElleでは、S2ではエヴァンの演じるキャラ、ドロレスのセクシュアリティの探求が描かれると報じられています。とりあえず、実際に番組を見たレズビアン・コミュニティからの評価待ちかなあ。

なお、シーズン2の公式トレイラーはこちら。