石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

サッカーW杯初日の試合でレインボーフラッグが翻る

f:id:miyakichi:20180618153153j:plain

以前から宗教保守が「W杯開催都市でゲイがキスしたら警察に通報する」と脅してさえいるロシアで、プーチンが演説をした第一試合でレインボーフラッグを振った男がいます。同国のLGBT団体の代表、Alexander Agapovさんです。

詳細は以下。

Rainbow Flag on Display During Putin's World Cup Speech - The New York Times

まず写真をどうぞ。

これは6月14日にモスクワで開催された、ロシア対サウジアラビア戦での一コマだとのこと。AgapovさんはロシアLGBTスポーツ連盟のプレジデントで、プーチンの演説中にこの旗を広げ、さらにロシアが点を入れるたびに振っていたのだそうです。この試合はロシアが5対0で勝ったので、少なくとも5回、観客席で虹色の旗がはためいたことになります。以下、Agapovさんのことば。

「人は言動一致であるべきだと思っています。それで、わたしはLGBTのサッカーファンに隠れるのはやめようと言っているのですから、まず自分がそうしなければならないと思いました」

"I believe you should practice what you preach and, if I'm telling LGBT football fans to be visible, then I should do it myself,"

ロシアには同性愛プロパガンダ禁止法がありますが、W杯会場でレインボーフラッグを振ること自体は禁止されてはいません。ロシアフットボール連盟役員でW杯アンバサダーのアレクセイ・スメルティン(Alexei Smertin)氏は、「絶対に禁止はされない」と発言しています。ただし、これはあくまで未成年への「プロパガンダ」は許されないと念押しした上のことでしたし、この国では先日、W杯を見にやってきたゲイカップルが暴漢に襲われて脳挫傷などの大けがをしたばかり。この環境でプライド・フラッグを振るのは、やはり勇気のいることだったことでしょう。実際、Agapovさんのひとつ前のツイートはこんなですし。

訳:

チェックポイント通過。スタッフは旗を見せてほしいと言った。旗に文字が書かれているかと。それから彼は「よろしい」と言った。だが、他のロシア人の観客が、「ロシアにはそんな世界は要らない」とホモフォビックな意見を披露した。

I passed the check point. The staff asked to show flag of it contains words. Then he said GOOD. However another Russian visitor expressed his homophobic opinion by saying "We don't need such world"

「そんな世界」も何も、世界はシスヘテロだけのものじゃないんですけどね。LGBTピープルが黙って隠れていたら、マジョリティーがますますいい気になってスポーツ会場でホモフォビックな(あるいはトランスフォビックな)チャントや「ジョーク」を叫び散らし続けるだけでしょ。ほら、今回のW杯のメキシコ戦でもメキシコのファンたちがやっていたようにね。動画もあるよ、まったく楽しそうだよねこの人たち。

LGBTのファンたちがスタジアムでレインボーフラッグを振らなくて済むようになるのは、こういう蔑視や差別的言動がサッカー界から完全に消えたときでしょう。それまでは抵抗するに決まってんじゃん、たとえこれがロシアじゃなくてもさ。