石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。

吸血鬼のジュリエットが女性と恋をする物語。映画『With a Kiss I Die(原題)』トレイラー

f:id:miyakichi:20180719115958j:plain

『ロミオとジュリエット』のジュリエットが吸血鬼になって現代まで生き延び、ギリシャの小島で女性との恋に落ちるという映画『With a Kiss I Die(原題)』のトレイラーが公開されました。

詳細は以下。

With a Kiss I Die Brings New Life to Beloved Shakespeare Romance - The Fandomentals

トレイラーはこちら。

この映画では、ロミオの死後自死を試みた(Ella Kweku)ジュリエットは「父("Father")」と呼ばれる吸血鬼によって吸血鬼に変えられ、そのまま数百年間生き続けているという設定になっています。そのジュリエットが現代のギリシャで米国人女性ファリン(Paige Emerson)と恋に落ち、またもや「恋をとるか、(吸血鬼の)一族をとるか」という選択を迫られることになるというのがお話の骨子です。タイトルはおそらく、原作第5幕のロミオの台詞のもじりですね。2018年8月28日から、米国のiTunes、Amazon、ディレクTVなどでオンデマンド配信されるようです。

背景は『マンマ・ミーア!』(ロケ地:サントリーニ島など)ふう、設定の無茶ぶりは『高慢と偏見とゾンビ』ふう、牙を剥いて威嚇する吸血鬼は『フロム・ダスク・ティル・ドーン』ふう、それでいてジュリエットはちゃんとイギリス英語をしゃべっているという、トレイラーを見ただけでは何が何やらよくわからない作品だと思います。YouTubeの説明文では「ダークなラブストーリー」、オフィシャルサイトでは「ファンタジーロマンス」と説明されているようですが、実はホラーコメディなんじゃないのという疑問もぬぐえません。そもそも監督が映画『スティーヴン・キングは殺せない!?』のRonnie Khalilですし。とりあえずDVD待ちかなー。