石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。

ゲイとしてカミングアウトした9歳児がいじめられ自死

f:id:miyakichi:20180830123551j:plain

新学期が始まったばかりの米国コロラド州で、9歳の少年が自死。ゲイだということを学校でカミングアウトした後、クラスメイトから「死ね」と言っていじめられたのだと母親が話しています。

詳細は以下。

9-Year-Old Boy Who Came Out as Gay Died by Suicide | PEOPLE.com

亡くなったジャメル・マイルズ(Jamel Myles)くんの母親レイア・ピアース(Leia Pierce)さんによると、ジャメルくんはこの夏、車に乗っているときに、レイアさんに「ママ、ぼくはゲイだよ」とカミングアウトしていたんだそうです。とても不安そうだった彼に、レイアさんは「ママは今まで通りあなたが大好きだよ」と伝えました。ジャメルくんは、本当は女の子の服が好きだということや、自分のことを誇りに思っているから、学校でみんなに自分はゲイだと話すつもりだということなどを話してくれたとのこと。

そして2018年8月20日、彼の通っていたジョー・シューメイカー(Joe Shoemaker)小学校は新学期を迎えました。その4日後、ジャメルくんは命を絶ちました。検視官は彼の死を自死と判断しています。状況を検分したデンバー署も、「現時点では事件性は見当たらない」としているとのこと。

レイアさんによれば、彼は亡くなる前、いちばん上のお姉さんに、学校の子たちに自殺しろと言われたと話していたのだそうです。以下、CNNより引用。

「去年ジャメルをいじめたのと同じ子たちが、ジャメルがカミングアウトしてぼくはゲイだと言ったとたん、いっそう意地悪になったんです」とレイア・ピアースは話した。「彼らがうちの子を苦しめたんです」

"The same kids who picked on him last year were even meaner to him once he came out and said he was gay," said Leia Pierce, Jamel Myles' mother. "They hurt my baby."

たぶんこういうニュースに接して「わざわざそんなことを学校で言うからいじめられるんだ」みたいなことを言う人もいるんじゃないでしょうか。しかし、そういった意見は結局「同性愛者はいじめられて当然である」というメッセージとして機能し、いじめを助長するだけだと思います。「誰が相手であろうといじめは許されない」、「いじめられたときに助けを求める先はここだ」というふたつのメッセージを、大人がこれでもかというほど発信していかなければ、こういった事件はいつまでも起こり続けることでしょうよ。



日本語圏でジェンダーや性的指向のことで悩んでいる人、そしてそのまわりの人が困ったときのための電話相談窓口、情報リソース、自助・支援団体、おすすめ書籍などをまとめた資料を以下に掲載しておきます。

資料

おすすめ書籍

『図解雑学 ジェンダー』

ジェンダー (図解雑学)

ジェンダー (図解雑学)

「なぜ男と女、二つの性だけではいけないのでしょう」のような原始的な質問にも明快に答えてくれる良書。

13歳から知っておきたいLGBT+

13歳から知っておきたいLGBT+

13歳から知っておきたいLGBT+

  • 作者: アシュリー・マーデル,須川綾子
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2017/11/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

「L」「G」「B」「T」の4つのラベルだけにとどまらない、性のスペクトラムの中のさまざまなアイデンティティについて詳しく解説してくれる本。体験談や具体例が豊富で、「自分の居場所を探す人、誰かの居場所をつくりたい人」(p. 7)のためのロードマップとして最適。

『先生と親のためのLGBTガイド もしあなたがカミングアウトされたなら』

先生と親のための LGBTガイド: もしあなたがカミングアウトされたなら

先生と親のための LGBTガイド: もしあなたがカミングアウトされたなら

子供と接する大人に知っておいてほしいLGBTについての知識をQ&A形式でまとめた本。子供たちの悩みや、それに対する対応の仕方などの説明が詳しいです。上記のLGBT団体や電話相談窓口などの情報は、この本で紹介されているものを中心にまとめています。