石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。

Apple、AppleWatchの「プライド」文字盤をロシアで非表示に

f:id:miyakichi:20180901174349j:plain

Appleが、レインボーフラッグをモチーフとしたAppleウォッチ用文字盤「プライド」を、ロシアでは表示できないようにしていると報告されています。

詳細は以下。

Apple blocks its gay pride watch face in Russia - The Verge

この「プライド」文字盤というのはこんなデザインです。

このデザインが使えるようになったのは2018年6月4日から。Apple サポートによれば、「プライド」文字盤を入手するには、iPhoneの文字盤ギャラリーから選ぶか、Apple Watchで直接文字盤をカスタマイズするかすればよいとのこと。

しかしながら、RedditAppleサポートのフォーラムで、ロシアではその「プライド」文字盤が表示されなくなるという声が上がっています。で、The Vergeがこの現象を検証した動画がこちら。

どうやらiPhoneの設定で「言語と地域」→「地域」と進んでロシアを選ぶと、文字盤のギャラリーから「プライド」そのものが消えてなくなるみたいですね。

この挙動はハードコードされた(変更できないようにコードされた)ものだとする報告も出てきています。

The Vergeはこの現象についてAppleにコメントを求めており、返事が来次第記事をアップデートするとのこと。

Appleがいくらプライド・イベントに参加し、ホームページで「包摂と多様性」を麗々しく謳ったところで、まあ営利企業の実態なんてこんなものよね。そのうちロシアではAppleミュージックでLGBTのアーティストの音楽が聴けないとか、iTunesでLGBTテーマの映画やドラマが買えないとか、そういう事態になってもあたしゃ特に驚かないわ。そうなったらそうなったで、世界じゅうのLGBTピープルが協力して現代版 『チャック・ノリス vs. 共産主義』みたいなことをやっちまおうぜ、ぐらいに自分としては思ってます。