石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。

アダム・ランバート、『ボヘミアン・ラプソディ』にカメオ出演していた

Bohemian Rhapsody (The Original Soundtrack)

米歌手アダム・ランバート(Adam Lambert)が、映画『ボヘミアン・ラプソディ』にカメオ出演していたことをTwitter公表しました。

詳細は以下。

deadline.com

該当ツイートはこちら。

アダムが演じていたのは、ドライブインでフレディ(ラミ・マレック/Rami Malek)を誘惑する名もなきトラック運転手の役。あの場面、ふたりの間に会話は一切交わされないのに男と男の欲情が如実に読み取れるようになっていて面白かったんですが、まさかあの運転手がアダム・ランバートだっただなんてまったく気づきませんでした。上記ツイートの画像にもあるとおり、本作品は米国では2019年1月22日にダウンロード販売開始だそうですが、これで「映画館でも見たけど、購入してもう一回見ようっと」と思った人も多いのでは。