石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。

ケヴィン・ハートがすっかり自分のことを棚に上げたツイート披露(追記あり)

f:id:miyakichi:20190204025942j:plain

ドラマ『Empire 成功の代償』出演者のジャシー・スモレット(Jussie Smollett が2019年1月29日、人種差別的・同性愛差別的なヘイトクライムに遭遇しました。それについてあのケヴィン・ハート(Kevin Hart)が自分のしてきたことを棚に上げたコメントをし、批判を受けています。

詳細は以下。

thegailygrind.com

ケヴィン・ハートは米国の俳優で、コメディアン。過去に「もし息子が人形の家で遊ぼうとしたら、ゲイにさせないために、それを息子の頭に叩きつけてぶち壊す(大意)」などのホモフォビックな「ジョーク」を披露していて、そのためにアカデミー賞司会を降板することになった人です。詳しくはこちら。

www.ishiyuri.com

ケヴィンは批判を受けてオスカー司会を降板すると発表したのち、エレン・デジェネレス(Ellen Degeneres)のトーク番組で、自分は過去のホモフォビックな発言について以前から何度も謝罪していたのに「荒らし」に攻撃されていると主張していました。しかしVultureの調査によると、彼がオスカー司会を降りた日(2019年12月7日)までにそのような謝罪をしたことがあるという事実はひとつも確認できていないそうです。

次に、黒人でゲイの俳優、ジャシー・スモレットがヘイトクライムとおぼしき暴力のターゲットにされた事件についてはこちらをどうぞ。

front-row.jp

で、この事件についてケヴィン・ハートがInstagramで披露したコメントがこちら。

訳:

きみのために祈ってるよ、ジャシー・スモレット……信じれないほど悲しい。どうして人は退歩していくんだ。こんなのはむかつく。我々人間はもっと向上しなくちゃ。いったいこの世界はどうなってるんだ???? どうしてヘイトに恋をするんだ? サイッテーだな……愛を選べよ……繰り返す……愛を選べ。おれは永遠に愛を選ぶし、うちの子たちにはどうやっておれと同じようにすればいいかを教え続ける。がんばれよブラザー

Sending prayers your way @jussiesmollett ....This is unbelievably sad. Why are we going backwards....this is disgusting. We as people have to do better. WTF is going on the world???? Why are we falling in love with hate???? God damn it people....Choose love...I repeat...Choose love. I will forever choose love and I will continue to teach my kids how to do the same. Stand strong brother

どの口が言う。というわけで、当然このようなツッコミが殺到しています。

してもいない謝罪をしていたことにしたり、同性愛嫌悪発言を批判したゲイ・コミュニティをトロル扱いしたり、そのくせヘイトクライムを利用してこのようにいけしゃあしゃあとゲイの味方ぶってみせたりするあたり、ひょっとしてケヴィン・ハートって絶望的に記憶力がないか慢性的な嘘つきかのどちらかなんでしょうかね。仮に彼がエレン・デジェネレスの希望通りにアカデミー賞授賞式の司会に返り咲いたとして、台本を覚えられるのかどうか、はなはだ疑問だと思いました。ただでさえ昨年の視聴率が最低で、そのために今年のテレビ中継が45分短くなって歌曲賞候補作を2曲しか歌わせないだのやっぱり全曲歌わせるだのとグダグダっぷりをさらけ出している今年の授賞式にその司会って、ある意味怖いもの見たさで見てみたい気もしますけど。

2019年2月10日追記

第91回アカデミー賞授賞式は、結局司会者なしで開催することになったようです。これはまた予想外な。

www.afpbb.com