石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。

ジャシー・スモレットを虚偽通報疑いで逮捕 『Empire』S5残りへの出演はなしに

f:id:miyakichi:20190224140747j:plain

憎悪犯罪被害をねつ造し虚偽の通報をしたとして、シカゴ市警は2019年2月21日、俳優のジャシー・スモレットを逮捕。ドラマ『Empire 成功の代償』のプロデューサらが、スモレット容疑者をシーズン5の残りから外すと発表しました。

詳細は以下。

deadline.com

逮捕に至るまでのいきさつは、以下で日本語で読むことができます。

www.bbc.com

黒人でオープンリー・ゲイのスモレット容疑者は、1月29日の深夜2時ごろシカゴの路上で2人組の白人男性に襲撃されたとして警察に通報していました。同容疑者の報告によれば、彼はこの2人によって人種差別的・同性愛差別的・政治的な暴言を吐きかけられ、殴られ、首に絞首ロープのようなものをかけ、漂白剤とおぼしき液体をかけられたとのこと。

しかしながら2月14日、この襲撃はでっちあげだとする説をABCが報道。シカゴ市警は2月15日に、虚偽通報だという確証は得られていないという声明を出していました。市警はその後、14日に逮捕されていたナイジェリア人の参考人2人への聴取により、「新たな証拠」が2月16日に得られたと発表。参考人らは釈放され、CNNは2月17日、スモレット容疑者は襲撃を入念に計画していたという証拠があると伝えました。

この参考人が何者で、何が証拠とされたのかについてはBBCニュースの日本語記事がわかりやすいと思います。以下、引用。

警察が確認した50台以上の監視カメラからは事件映像が見つからず、スモレット容疑者の主張へ疑念が高まっていた。目撃者も見つからなかった。

捜査官は、スモレット氏が乗車共有アプリを通して攻撃されたと証言した場所近くの監視カメラ映像に映っていた男2人を追跡し、身元を特定した。

ナイジェリア人の兄弟、オラとアベル・オサンデイロ容疑者は事件後にアメリカを出国し、先週再入国した際に48時間ほど逮捕された。警察によると、その後2人は「調査の方向を変える」情報を提供し、釈放された。

兄弟のうち1人はスモレット容疑者の個人トレーナーで、2人ともドラマ「Empire 成功の代償」にエキストラとして出演経験がある。

警察によると、2人はスモレット容疑者の署名が入った小切手を持っている。2人によると、容疑者は3500ドルを払うと同意していたという。

上記のBBCの記事では書かれてないことをCNNの一連の報道からちょっと拾っておくと、シカゴ市警のエディー・ジョンソン警視(superintendent Eddie Johnson)はこんなことも話しているそうです。

  • スモレット容疑者の顔についていたひっかき傷やあざは自分でつけたもの
  • 電話の通話記録によれば、同容疑者は事件のおよそ1時間前と1時間後、参考人のナイジェリア人兄弟と話していた

で、スモレット容疑者は21日に警察に出頭。Deadlineによると、ドラマ『Empire 成功の代償』のプロデューサらは同容疑者の逮捕の翌日、「現場のさらなる混乱を避けるため、シーズン最後の2つのエピソードからジャマル(訳注:スモレット氏が演じていた役)の役を取り除くことにした」と発表したとのことです。

自分の過去のホモフォビック発言を棚に上げて全力でスモレット容疑者の味方を気取っていたコメディアンのケヴィン・ハート(Kevin Hart)は、今どんな顔してるんでしょうかね。とりあえず早いとこ捜査が進んで、事実関係が明らかになりますように。