石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

『にじぷり(1)』(橘あゆん、双葉社)感想

にじぷり(1) (アクションコミックス)

にじぷり(1) (アクションコミックス)

意外性に富む百合話。愛もエロティシズムもナイス

憧れの「新堂麗香」(しんどうれいか)先輩を追って超お嬢様学校に入学した庶民「平山美羽」(ひらやまみはね)の物語。テンプレ女子校百合と見せかけておいて、その実まったく違った方向に驀進していく、という展開がとても楽しい作品です。ギャグのキレもいいし、可愛らしい絵柄で描かれるキャラ達も皆いきいきしています。♀♀方面では、美羽が麗香に恋をしたきっかけがはっきり描かれている点や、女子同士の濃厚な接触が嫌味なく描かれているところがよかったです。

展開の意外性が最高

第1話までは、ギャグこそビシビシと決まっているものの、話の枠組みはわりかしオーソドックスな「お姉様〜」系なんですよ。第2話も、途中までは「いやもうそれお腹いっぱいだから」的なありがち設定満載に見えます。だからこそ、第2話終盤で明かされる衝撃の事実がそりゃもう面白いんです。驚愕しつつ、「うおお、こう来たか!」「この作品、ただものじゃないわ!」と喜びまくってしまいました。わざとテンプレっぽい要素を散りばめておいてからキレイにちゃぶ台を返してみせるという大技がたまりません。逆説的ですが、女子校が舞台の「お姉様〜」系の百合作品が苦手な方にこそ読んで欲しい、斬新な漫画だと思います。

キャラもいきいきしています

主人公美羽の「2択だと必ず貧乏くじを引く」という体質は特に目新しいものではないのですが、コメディリリーフの「本郷葵」(ほんごうあおい)とのボケツッコミの歯車が小気味よく噛み合っていて楽しいです。美羽ときたら、ツッコミでタイガースードライバーとかぶちかましてるんですよ。おまえは三沢光晴か。ヒロイン麗香の型破りな魅力もすばらしいし、麗香のルームメイト「あきら」のちょっと謎めいた性格も面白かったです。

愛とエロティシズムについて

まず、美羽が麗香に惚れたときのエピソードが非常に鮮烈で、かつ説得力があってよかったです。予定調和的になんとなくフワフワと憧れるだけの話ではないところがとてもいいなと思いました。また、今のところまだカップルはひとつも形成されていないにもかかわらず、キャラたちが妙に濃厚な接触をしているところも楽しかったです。数式に興奮して大変なことになってしまう片桐さんとか、「帰国子女だから」という理由(実はそれだけでもないかも、ですが)で麗香にハグとキスをかますあきらとか、面白かった。美羽と麗香の可愛らしいキスシーンも一箇所だけありますよ。ちなみにこの作品での女子同士の接触はどれも妙なあざとさがなく、コミカルだけれどエロティックな描き方になっていて、そんなところもよかったです。

まとめ

「女子校寄宿舎もの」という今さら感のある設定でもこんなに斬新な百合漫画が描けるんだ、とびっくりさせられる作品でした。ギャグも愛も、あえかなエロティシズムも皆よかったです。おすすめ。