石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

日本は世界40ヶ国中10番目に同性愛に「寛容」(米調査)

Exam
Exam / albertogp123

米世論調査機関ピュー・リサーチ・センターが発表した世論調査で、日本は世界40ヶ国中10番目に同性愛に寛容*1な国だという結果が出ました。日本では、同性愛を「容認できる」とした回答者は38%で、「容認できない」と答えた31%を上回っています。

詳細は以下。

これは電話または対面による調査(※標本抽出デザインなど、詳しくはSurvey Methods参照)で、同性愛に対する個人的な意見として、、

  • 道徳的に容認できる
  • 道徳的に容認できない
  • 道徳の問題ではない

の3つから選んでもらった結果をまとめたもの。

「容認できない」と答えた人が少なかった国、すなわち同性愛に寛容とみられる国トップ10は以下の通りです。

順位 容認できない(%) 容認できる(%) 道徳の問題ではない(%)
1 スペイン 6 55 38
2 ドイツ 8 51 38
3 チェコ 14 56 27
4 フランス 14 36 50
5 カナダ 15 30 50
6 英国 17 36 43
7 オーストラリア 18 33 45
8 イタリア 19 42 31
9 アルゼンチン 27 49 20
10 日本 31 38 25

日本で「容認できない」と答えた人は31%。一方「容認できる」と答えた人は38%で、なんとこちらの方が多いんでした。してみると、BLイラスト自重問題等で「同性愛に不快感/嫌悪感を持つ人は『多い』」と主張される方々は、何を根拠に、そして何と比べて多いとおっしゃっているのでしょうね。周囲にたまたまホモフォビックな人しかいないのか、それとも脳内統計なのか。ひょっとして、「私が不快だ」と表明するのが嫌で、「みんなそうだもん」と主語を大きくしたいだけなのか。

参考までに、同性愛に対する容認度がワースト10だった国は以下。

順位 容認できない(%) 容認できる(%) 道徳の問題ではない(%)
31 ナイジェリア 85 1 11
32 マレーシア 88 4 6
33 ケニア 88 3 9
34 チュニジア 92 0 4
36 ウガンダ 93 1 5
35 インドネシア 93 3 2
37 パレスチナ自治区 94 1 4
38 ヨルダン 95 2 3
39 エジプト 95 1 1
40 ガーナ 98 1 1

なお、今回のピューの調査では、なぜかデンマークやスウェーデンなどの北欧諸国は調査対象に含められていません。2001年から同性婚を認めているオランダも入っていません。これらの国が入ってくれば上位10ヶ国に食い込むのは間違いないので、相対的に日本の順位は下がると思います。しかしながら、それでもとりあえず全40ヶ国の中で上から10位というのは思ったよりいい順位でした。これからはホモフォビックな人に「みんなそう思ってる」論を持ち出されたら「それってどこの国のどの『みんな』?」と聞いてみようかと思います。

*1:ホントはこれだけで「寛容」かどうかは決められないし、そもそも寛容(tolerate)という表現自体に疑問もあるんですが、他にいい形容が思いつかなかったので、とりあえずPinknews.co.ukの尻馬に乗ってこの語を使っておきます。