石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

映画『キャロル』が新ポスターと新クリップ公開 原作邦訳も予約開始

Carol (Movie Tie-In Editions)

ケイト・ブランシェット(Cate Blanchett)とルーニー・マーラ(Rooney Mara)が女性同士のカップルを演じる映画『キャロル』が、新しいポスターと、映画内の一場面を公開しました。

新ポスターはこちら。ケイト様の視線、「目で殺す」(糸屋の娘的な意味で)とはこのことか。

新クリップはこちら。ふたりがまだ知り合って間もない頃の会話場面です。

『Carol』は、1950年代のニューヨークを舞台に、デパートで働く20代女性と年上の人妻との恋を描く作品。監督はトッド・ヘインズで、2015年のカンヌ映画祭では最優秀主演女優賞とクィア・パルムを受賞しています。日本での公開は2016年2月予定。原作はパトリシア・ハイスミスの同名の小説(『The Price of Salt』から改題したもの)です。

なお日本では2015年12月、柿沼瑛子さんの訳で、原作小説『キャロル』が河出文庫から発売されます。

そしてこの邦訳、Amazonではもう予約が始まってます。さっそく予約したので、今から読むのが楽しみです。

キャロル (河出文庫)

キャロル (河出文庫)