石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

バービー人形のCMに初めて男子登場

Barbie collection Moschino Barbie Doll Caucasian バービーコレクションモスキーノバービー人形 [並行輸入品]

米国の玩具メーカー、マテル社が1959年から販売している着せ替え人形「バービー」のCMに、初めて男の子が登場しました。

詳細は以下。

Watch: Barbie ad shows boy playing with dolls for first time · PinkNews

CMはこちら。

これはイタリアのアパレルブランド「モスキーノ(MOSCHINO)」とのコラボレーションで開発されたバービーで、CMには女の子ふたりと男の子ひとりが登場。男の子のセリフは、「モスキーノ・バービーはすっごくいいよ!("Moschino Barbie is so fierce!")」。

この"fierce"という単語、本来は「どう猛な」とか「激しい」とか言う意味ですが、ゲイ用語またはファッション用語だと「セクシー」とか「かっこいい」とか「とても質がいい」って意味になるんですよ。ここでは後者の使い方をされているわけです。ナレーションの最後で"fabulously"なんて単語が使われているところから見ても、敢えて積極的にゲイっぽさを狙ったCMなのかも? いいぞもっとやれ。

なおモスキーノ・バービーの発売日は2015年11月9日でしたが、モスキーノのクリエイティブデザイナーであるジェレミー・スコット(Jeremy Scott)氏によれば、発売後1時間以内に完売したとのこと。Towleroadによれば、このCMに出てくる男の子はスコット氏のドッペルゲンガーなのだそうで、これを見たいろんなブランドの男性デザイナーが「うちもコラボする」「うちも」と言い出したりしたら面白いんじゃないでしょうか。どんどんやってください。