石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

ブリスベンの地方紙が結婚欄に同性カップル掲載 史上初

f:id:miyakichi:20151208150217j:plain

豪州クイーンズランド州ブリスベンの日曜紙「サンデー・メイル」(The Sunday Mail)が、2015年11月、結婚・出生欄で初めて同性同士の結婚を報じました。しかも、写真つきで。

詳細は以下。

Same-sex couple becomes first to be featured in weddings section of Queensland newspaper - ABC News (Australian Broadcasting Corporation)

紙面に載った写真と記事はこちらです。

このカップル、リサ・ベントリー(Lisa Bentley)さんとメリッサ・ マクマリー( Melissa McMurray)さんは、同紙にウエディング写真を送ることは送ったものの、掲載されるとは思っていなかったのだそうです。無理もないことだと思います。というのは、新聞の告知欄で同性カップルの結婚や婚約が掲載拒否されるのは、少しも珍しいことじゃないから。ちょっと検索しただけで、こんなにいろいろ前例が出てくるくらいです。

果たしてベントリーさんは日曜日の朝、この写真を撮った写真家からの電話で掲載を知ったとのこと。

「すっ飛んで買いに行き、それからメリッサを起こして新聞を見せました……それで初めて、(写真が載ったと)わかったんです。

「とても嬉しかったです。わたしたちが初なので、これは自慢できることだと思います」

"I ripped down to the shop and woke Melissa up to show her ... that was the first time we found out. "I'm pretty chuffed and we're the first and that's our claim to fame now."

現在オーストラリアでは同性婚は法制化されていません。ベントリーさんとマクマリーさんは友人や家族60人を招いて式を挙げていて、政府に認められていないということ以外はあらゆる面で結婚と変わらなかったと言っています。ベントリーさんは、この写真が、同性婚に関する会話のきっかけとなり、ポジティブなものであれネガティブなものであれさまざまな意見が聞かれるようになってほしいと望んでいるとのこと。

ふたりの住むクイーンズランド州では2015年12月初頭、同性カップルと異性カップルを同等に扱うシビルパートナーシップ法案が議会で可決されました。このシビルパートナー制度は一旦前政権によって「登録関係」("registered relationships")という式なしのものにダウングレードされていたのですが、それが元に戻されたんです。というわけで、「会話」はやはり進行しつつあるんじゃないでしょうか。そのうち同性同士の結婚告知が新聞に載っていても珍しくもなんともない時代が来て、「なぜこれがニュースだったのかわからん」と言われるぐらいになるといいな。