石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

『マギーペール(3)』(高木信孝、ワニブックス)感想

マギーペール(3) (ガムコミックスプラス)

マギーペール(3) (ガムコミックスプラス)

恋愛っぽさ大幅増量中

魔法学校を舞台にヒロイン「聖愛」(まりあ)とお姉様「玲有」(れいな)のいちゃラブを描く百合漫画、第3巻。今回はストーリー自体には大きな進展はないのですが、玲有から聖愛への想いがかなりガチ恋愛寄りになってきていて嬉しい限りです。聖愛の方は相変わらずの天然ぶりなものの、恋魔の影響でかなりきわどい大告白をしたりしており、2人の距離は着実に縮まっている模様。後半で登場する新キャラ「千尋」との三角関係が今後の恋模様にどう影響するかも楽しみです。

玲有のラブラブっぷり

2巻までを読んだ時点では「面白いけど、このまま『お姉さま&妹』系のノリで終わっちゃうのかなあ」と思っていたのですが、3巻の玲有は確実にその予想を裏切ってくれました。学園祭で聖愛が上級生にモテモテなのを見て拗ねてみたり、それでいて「私のお姉様は玲有お姉様だけ」と言われてつい頬染めて喜んでしまったり、ドキドキしながら唇へのキスを試みたりと、どう見ても百合萌えというより恋愛感情です、これは。

今にして思うと、1巻あたりの恋愛色の薄さが嘘みたいですね。毎回巻を追うごとにラブ度がアップしてついにここまで来たわけで、ずっと読んできてよかったと思います。

聖愛のラブラブっぷり

玲有に比べると聖愛は割合マイペースな愛を貫いているのですが、恋魔に憑かれた時のエピソードがすごかったです。恋魔とは、触ったり触られたりすると、好意を持っている相手に強烈なアプローチをかけるようになってしまうという一種のデーモン。うっかりその恋魔に触ってしまった聖愛は、玲有におそろしくきわどい大告白をすることになります。それがまた、少年誌でよくぞここまでと感じ入るほどのエロ度の高さなのですが、さすが高木信孝氏の作風だけあって、エロいのに下品に陥っていないところがポイント。

ちなみに恋魔の影響が消えた後の可愛らしいラブラブエピソードもとてもよくて、天然マイペース娘の聖愛もちゃんと玲有に惚れていることがしっかり伝わってくると思います。

新キャラ千尋について

転入生の千尋は、マギーに入りたいと野心を燃やす魔法使い。なんと玲有に一目惚れし、スイートの座を聖愛から奪うと宣言します。お話をうまく引っかき回してくれそうなキャラで、今後の展開が楽しみです。

その他

聖愛の力の秘密やまつり(聖愛の母)の過去については今回はほとんど明かされず、それがちょっと物足りないと言えば物足りないかも。とりあえず純粋に学園ラブコメとして楽しみつつ、伏線の回収は次巻以降を待つのが吉かと。

まとめ

とにかく恋愛色がどんどん濃くなってきているのが嬉しい1冊でした。ストーリー自体に大きな動きがなかったのはちょっとだけ残念ですが、これだけラブければもうなんでもOKです。4巻も楽しみ。