石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

『紅蓮紀』(武若丸、一迅社)感想

紅蓮紀 1 (IDコミックス 百合姫コミックス)

紅蓮紀 1 (IDコミックス 百合姫コミックス)

ファンタジー系百合作品、恋愛色は希薄

ボクっ娘主人公「美阿蘇芳」(よしあすおう)のもとにある日魔界の皇女「クレア」が現れて契約を結ぶ、というファンタジー系百合作品。今のところ♀×♀の要素は「行き過ぎた友情」と「お色気展開」ぐらいで、恋愛っぽさは希薄。ただし、ベタになりがちなストーリーを見せ方のうまさが救っていることもあり、単純に漫画として面白いです。

友情&お色気展開について

蘇芳の親友「うらら」が蘇芳にべったりだったり、クレアもまた蘇芳を溺愛していたりで、百合漫画として読むのならそのへんに注目でしょうか。しかしどちらも恋愛色は非常に薄く、何度か出てくるキス&キス未遂も

  • 頭痛を治そうとしておでこにキス
  • 契約の証として首筋にキス(というか吸血?)
  • 眠る蘇芳にキスしようとするも、くすぐったがられて断念

といった程度です。百合に恋愛っぽさを求める方には、物足りないかも。

ちなみにお色気展開は、「キャラが胸をはだけられる」「裸の胸に顔をつっこんで熟睡」「魔力を流し込まれてオーガズム顔」といったあたりですが、どれも偶発的なエロであり、ガチな絡みではありません。というわけで、全体的にガチ百合ではなく、微百合あるいは友情百合といった系列のお話だと思います。

見せ方のうまさについて

まずキャラがすごく立ってると思うんですよ。キャラの性格を台詞ではなくエピソードを通して説明するのがうまい描き手さんだと思います。代表的なのが総受け主人公の蘇芳ですが、第2話でのクレオとのやりとりで彼女の正義感や優しさ、可愛さなんかがまざまざと表現されているところにまず舌を巻きました。他のキャラもみな生き生きした魅力があり、よかったです。個人的にはうららがとても好き。

あと、細かいギャグが非常に巧みに配置されているところや、各種の設定の説明がスマートなところ(ウサギとニンジンの例えとか)、次から次へと謎が展開されていくところもナイス。こうした配慮のいきとどいた描写のおかげで、「魔界の皇女が人間と契約を結ぶ」という一見ありがちなお話が、とても読みやすくかつ新鮮なものになっていると思います。

その他

アニメ調のややくどい絵柄は、ひょっとしたら読む人を選ぶかも。気になる方は表紙で確認を。

まとめ

微百合あるいは友情百合といった路線の作品ですが、キャラやお話の見せ方が非常にうまくて楽しめました。絵柄が好みに合って、かつ恋愛話でなくてもOKな方なら買いだと思います。