石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

母の日にはレズビアン・ママにも感謝を。2人のママ用メッセージカードが発売に

To all the Mothers
To all the Mothers / Serge Melki

グリーティングカードシェア世界1位のホールマーク・カーズ社(Hallmark Cards)が、女性同士のカップルの子供向けに、2人のママに感謝を伝える母の日メッセージカードを発売しました。

詳細は以下。

US: Hallmark introduces ‘two mums’ Mother’s Day card · PinkNews.co.uk

カードのデザインはこんなです。

カードのメッセージを一部抜き出して訳すと、こんな。

ママたちはなんでもしてくれる、それもかんたんにやっちゃう。宿題の手助けから、膝にばんそうこうを貼ることまで。

心の広さにかけては、ママたちは誰にも負けません。みんなどうやったらたったひとりのママだけでやっていけるの?

“Mums do it all, and they do it with ease. From helping with homework to bandaging knees.

“When it comes to big hearts, mums are second to none, how does anyone ever get by with just one?”

このカードを既にお店のカード売り場で見つけてたという報告もあります。

グリーティングカード協会のスポークスパースン、キャシー・クラスナー(Kathy Krassner)さんによると、昨年米連邦最高裁が同性婚を認めて以来、同性婚用のウエディングカードを販売する会社が増えており、同性カップル向けの母の日や父の日のカードも増える傾向にあるのだそうです。

ホールマーク・カーズ社もやはり、これまでに同性婚用のウエディングカードや、ゲイ向けバレンタインカードを出しています。

メールやSNS全盛のこの時代、グリーティングカードのメーカーも、従来以上にさまざまな顧客層に向けた商品を開発しないとやっていけないということもあるのでしょうね。何にせよ、イベントのたびに同性カップルが透明人間にされるのにはもううんざりなので、こうした動きは歓迎したいです。