石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

「脱がせておしまい!」カイリー・ミノーグ、ミュージカル番組でゲイバーの女王様に

Kylie Christmas: Deluxe (CD+DVD)

TVミュージカル・コメディ『Galavant』に、カイリー・ミノーグ(Kylie Minogue)がゲイバーの女王役で登場。「首をはねておしまい!」ならぬ、「シャツを脱がせておしまい!」という曲を熱唱しました。作曲はアラン・メンケンよ!

詳細は以下。

Watch: Kylie Minogue is the ‘queen of gay bars’ in musical TV show · PinkNews

まずは動画をどうぞ。

この作品は中世の騎士ギャラヴァント(ジョシュア・サス)の活躍を描くミュージカル・コメディで、上の動画は2016年1月3日放映のシーズン2エピソード1の一場面です。カイリーの役は魔法の森の「女王」で、ギャラヴァントに向かって「わが王国(訳注:彼女が持ってるゲイバーのこと)に不法侵入したのだから、汝は今や我が支配下、女王の中の女王として、代償を払ってもらおう」と歌い上げたあげく、サビのフレーズ"Off with his shirt!"(シャツを脱がせておしまい!)を決めています。言うまでもなく、"Off with his head!"(首をはねておしまい!)のパロディーです。

ちなみにカイリー・ミノーグはこの作品がきっかけでジョシュア・サスと交際を始め、結婚も考えているとのこと。ゲイ・アイコンとして相変わらず大人気(例1例2)であるばかりか、私生活も充実しているとは、あやかりたいわこのエネルギー。なんだか「新年そうそう縁起のいいもん見た」という気持ちでいっぱいです。