石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』効果で女囚レズビアンポルノ視聴率がアップ(Pornhub調べ)

Orange Is the New Black 027 Waterproof Plastic Poster 防水ポスター バスルーム/庭/屋外で使用することができます

オンラインポルノ大手「Pornhub」が、Netflixドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』シーズン4配信開始と同時に、Pornhubでの「レズビアン」「刑務所」などの検索語の使用率が跳ね上がったと報告しています。

詳細は以下。

Orange is the New Fap – Pornhub Insights

女子刑務所が舞台の人気ドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』シーズン4は、2016年4月17日(金)、日本時間で午後4時にリリースされました。上記リンク先によれば、配信開始から24時間以内に、Pornhubでの検索に使われるキーワードに以下のような変化が現れたのだそうです。

  • 「レズビアン」&「刑務所」を含む検索……59%増加
  • 「刑務所("jail"または"prison"のどちらか)」を含む検索……21%増加

キーワード「レズビアン」&「刑務所」を含む検索は17日から増え始め(+28%)、18日にピークに達し(+59%)、19日にもまだ通常より多かった(+44%)とのこと。なお、「レズビアン」&「刑務所」で検索した人も、「刑務所」("prison"または"jail")で検索した人も、男性より女性の方が増加率が高かったとのことです。

ちなみに、特定のキーワードの組み合わせで特に増加率が高かったもののTOP5は以下の通り。

  • 「レズビアン看守」("lesbian prison guard")……475%増加
  • 「刑務所のレズビアン」("prison lesbian")……399%増加
  • 「女子刑務所」("female prison")……264%増加
  • 「黒人の刑務所のレズビアン」("black prison lesbians")……259%増加
  • 「本物の刑務所」("real prison")……175%増加

Pornhubの説明では、「リッチフィールド(訳注:『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』の舞台となっている女子刑務所のこと)の女性たちによる、女同士のエロティックな行為」のせいでこのような変化が起こったのではないかとのこと。ただ、シーズン4鑑賞済みの一ファンとして、あたしはその解釈はちょっと違うんじゃないかと思ってます。そりゃシーズン4にも女性同士の行為は何度か登場してますが、たとえば前シーズンの通称"hate sex"ほどホットな場面は特にないでしょ? もちろん今シーズンでもアレックス(ローラ・プリポン)は相変わらず「たとえゴミ袋をまとっていても世界一セクシーな女囚」の呼び名を不動のものとしていますが、今回のアレはだいぶ文脈が違ってますし。

それにこれは前からですが、OITNBの性的描写ってあくまで愛は愛、虐待は虐待、喜劇は喜劇として描かれていて、ポルノ的な「ホットでスティーミーなレズビアン・ファンタジー」とはだいぶ方向性が違うと思うんです。したがって、今回のPornhubでの検索語の変化は、シーズン4内の「エロティックな行為」に興奮したからというより、「女囚ものだと聞いて期待したのに全然ポルノチックじゃないのでPornhubに移動した」とか、「OITNBとは別腹で(あるいはビンジウォッチングの箸休めに?)レズビアンポルノも見たくなった」とかいう人が多かったということなんじゃないかとあたしは勘繰っています。いや、実際のところは、この3日にPornhubでレズビアンポルノを見た人に聞いてみない限りわかりませんけどね。